栂池〜風吹大池〜北野集落(2017.4.23)

先週は強風でゴンドラが動かずに北野集落の偵察に終わったため再挑戦となった。ゴンドラトップに立ったのは9時15分。ガス気味ではあるが、天候が上向くとの予報である。裏天狗へ向けて最短と思われるルートを取っていく。シールの効きが良いので短時間で裏天狗に立つがここで体力を消耗した。このあたりからガスも取れて視界が良くなってくる。シールを剥がして山の神手前で唐松沢へドロップする。ザラメがとても気持ちいい。唐松沢は水の音がするので滝が出ていたかもしれないが取りつきは問題ない。崩落した斜面を縫うようにして登りあげ風吹大池へ到着する。風吹山荘の前から滑り込んでも良いのだが、今回は横前倉山と風吹岳のコルから滑り込む計画なのでコルを目指す。この斜面が意外と急なので自分だけ板を担いで登ることにした。ツボ足で太ももを使いすぎて足が攣りそうになる。コルからのドロップは適度な斜度でザラメ雪と相まってとても気持ちが良い。少々滑り降りすぎたため、シールを貼って登り返すことになったが気持ち良く滑るのにはこれが正解であろう。標高を落とすにつれ雪が腐り、木の枝や枯葉混じりとなるがこれは仕方がない。一週間で雪解けがさらに進んだため、雪は途中で切れたりしたが、シール4回装着のロングルートを堪能した。

【行程】ゴンドラ(8:15)=ゴンドラトップ(9:15)=天狗原(10:00)=唐松沢(11:00)=横前・風吹のコル(12:35)=北野集落(14:15)

今日はこの記録から  です