蓮華温泉(2017.4.1-2)
恒例行事の蓮華温泉に出かける。未だ振滑ったことの無い、定番中の定番と言える振子沢コースを希望する。蓮華温泉で1泊した後は、振子沢からフスブリ山に登り、来馬まで抜けるルートを設定した。
自動車を下山予定地にデポして栂池のゴンドラを降りたのは9時前である。外はガスでモチベーションが上がらない。白馬乗鞍岳のピークを踏みたいという仲間を先発隊として斥候に出すことにした。我々はエレストハウスでビールを飲みながら天候が上向くのを待つ。1時間半ほどグダグダしていると、仲間から無線とメールが入る。標高1800m以上は青空とのことである。早速身支度を整えてスタートする。ゴンドラから降りたときは視界が悪かったが、天狗原ではきれいな青空が出ていた。食事をしながら寛いだ後は、振子沢入口で仲間と合流する。振子沢は最初こそクリーミーな雪で気持ち良かったが、100mほど高度を落とすとガスの中に入ってしまう。沢状の地形だからルートは心配ないが、若干のモナカ雪に足を取られながら、蓮華温泉に到着した。
夕食時にNHKの取材が入っていた。誰を取材しているのだろうと思っていたら、ガイドのツヴェートさんだった。10年ぶりにお見かけした。
明けて2日目、7時には蓮華温泉を出発する。振子沢を上り詰めフスブリ山を目指していく。尾根より沢筋のほうが明るくて気持ちが良いので詰めていく。地図はなだらかだが沢筋の詰めは意外と厳しい。最後は急峻な尾根のモナカ雪を踏みつけてツボ足で稜線に出た。フスブリ山からは快適な尾根の散歩である。風吹山荘まで気持ちの良い稜線を流していく。横前倉山のピークから滑る仲間と別れてから、登山道沿いの沢筋の滑降に入る。モナカ雪を心配したが、ハードパックされた上の雪がザラメになりかけており気持ち良く滑ることができる。温泉マークの細尾根を無事に抜けるとほぼ安全地帯に入る。林道をショートカットしながら滑っていく。雪が緩んできたので表層が流れる。少しの距離でも嫌なものだ。最後は安全のため林道を走って終了した。

【行程】栂池(8:30)=レストハウス(9:00-10:30)=天狗原(12:00-12:30)=蓮華温泉(13:25)
蓮華温泉(7:00)=フスブリ山(9:25)=風吹大池(10:00-10:30)=細尾根(11:15)=来馬(13:15)

今日はこの記録から  です