金山沢(2017.3.26)

天気予報によると午後から天気が崩れてくるようだ。栂池のイブからゴンドラに乗り継ぎ、ゴンドラトップに立ったのは午前9時。早速シールを装着して歩き始める。空は高曇りである。10名ほどの先行者が栂池自然園に向かっていく。今日は時間に余裕があるので我々4人のパーティーものんびりと上がっていく。今日は船越ノ頭を目指す班と、金山沢に滑り込める高さまで稼いでのんびりしようという班と二つに分かれることになった。ボクは途中で待機する班ということで、もう一人の仲間と二人で待つことにした。寛いでいるうちにどんどん上部の視界が悪くなってくる。30分ほどでガスが垂れ込めてホワイトアウトに近い状態となってしまった。天気は下り坂なので、すぐにでも仲間と合流してすぐにでも下山できる態勢を整える。ほどなく金山沢に向けて滑降を開始したとの連絡が入るが、その位置が判然としない。GPSで位置を確認しあうと我々よりも西にいるようだ。待機場所が金山沢のルート上でなかったことが災いした。早速合流すべく行動を開始するが、濃霧とモナカ雪に苦労する。急峻な側壁をトラバースして何とか金山沢の本流に入る。声をかけると遠くで応答がある。1900m付近でようやく合流することができてホッとする。しかし濃霧は続く。先行者を目視できるのは20m位までである。離れないようにゆっくりと高度を下げていく。視界が効くようになってきたのは、白馬沢と合流する100mほど手前であった。恥ずかしいので書かないが反省することしきりであった。

今日はこの記録から  です