今日はこの記録から  です 

 

八甲田山(3/18午前)八甲田温泉コース

昨年に引き続いて八甲田山。今年は昨年以上の好天が予想されている。前日に青森入りし、観光を兼ねて青森駅前で飲んだくれて、引き続き酸ヶ湯温泉で宴会をしたので頭が重い。今回は仲間14人で参加したこともあり、プライベートガイドに依頼した。ガイドしてくれたのは昨年お世話になった隊長の息子のサトシさんである。
午前中は八甲田温泉コースである。案内してもらったのは、昨年のルートよりも150mほど高い位置からのドロップ。ガイドの指示は「雪庇下の危険地帯であるのでノンストップで滑ること」と言うものである。標高差300mほどの大斜面である、通称シェルサイドを全員が滑りきり満足する。その後は気持ちの良いクリーミーなラインをつないで八甲田温泉へ抜けた。

グレーのラインが2017年


八甲田山(3/18午後)銅像コース

午後の2回戦は銅像コースである。午後2時には再びロープウェイ降り場、ニセ田茂をスタートする。前嶽山頂まで上り詰めて北面の大斜面に入る。昨年のルートよりも標高も高く滑りごたえ十分である。午前中の行動が合格だったようで、一般ガイドで入ることの無い斜面を楽しませていただいた。ブナ林を抜けて銅像コース終点の銅像茶屋まで滑り込んだ後、「後藤房之助」氏の銅像を見るためにツボ足で歩くが、意外と遠く、「銅像コース」の核心部分であった。

グレーのラインが2017年


八甲田山(3/18)箒場岱コース

2日目は「箒場岱コース」1日のツアーコースである。昨日以上の快晴で皆も盛り上がる。ビッグモンスターの間を抜けて景色を楽しみながらハイクアップが続く。昨年は避難小屋で休憩してからシールを剥がして、井戸岳の下から回り込んだが、今年は大岳下の1400m付近までのハイクアップとなる。回り込んでからの大岳東面はノートラックである。最初の2ターンほどはモナカ雪のため苦しんだ(転倒)が、ほどなくパウダーに変わり小岳との鞍部まで滑り込む。ここで十分な休憩を済ませた後は、小岳までハイクアップ。スキーの良く走る中斜面はとても気持ち良く飛ばすことができる。最後はブナ林の緩斜面をつないで楽しいツアーは終了した。次回は赤倉岳の大斜面をガイドしてもらいたいものだ。

追記:今回もガイドに恵まれた。八甲田山は登ったルートを滑るツアーコースが少ないので、下山口に帰りの車を回す必要がある。足を心配する必要が無く比較的安価で気楽にツアーを楽しめる八甲田山は、気の置けない仲間と楽しむ定番になりそうだ。

グレーのラインが2017年