野沢温泉バックボウルと七ヶ巻集落ツアー(2017.3.5)

野沢温泉から七ヶ巻集落のツアーを開催することが決まった。野沢温泉のゲレンデから入るので、半日券を購入する。ツアー自体はそれほど時間がかからないだろうと見込んで、午前中はバックボウルを滑ることにする。温かいが期待に反して北面は極上のパウダーとなっており、登り返して2本のパウダーを堪能する。そして午後、水尾山経由の七ヶ巻集落のツアー集落ツアーを開催するが、これが手こずることになる。まず入山場所が良くわからない。林道は嫌なのでゲレンデから外れては見るが、結局ゲレンデに戻ってしまう。結果的には強引に側壁を乗り越えて林道を目指すことになってしまった。林道は水平移動なのでシールがあっても無くても歩きにくくて嫌になる。当初3時間もあれば十分だとみていた場所だがドロップポイントに立った時は2時間が経過していた。お楽しみの滑降であるが、尾根が細いので側壁から回り込もうとした結果、藪とグズグズにずれる雪に阻まれてゆく手を遮られる。トラバースをしようにもどんどん高度を下げてしまう。結局、平行移動距離が長くなりすぎて無理との結論に到り、150mほどの登り返しとなる。時間がかかってしまったので安全第一で尾根を忠実に目指すことにする。スギ林からブナ林に変わる頃には雪も滑らかで良く走る。目的地に滑り込んだときは、出発から4時間が経過した午後5時であった。

今日はこの記録から  です