妙高前山ダブルヘッダー(2017.3.4)

始発のゴンドラに乗り、ゲレンデトップに着いたのは午前9時。早速シールを装着して登りにかかる。雪は若干リセットされている。先行者は3名おりトレースがついている。足首程度の雪ではあるがラッセルが無いので1時間20分程度でドロップポイントに立つことができた。スタート直後は固めの雪であったが、樹林帯に入るとパウダーに変わる。そして重い雪に変わる頃にはトラバースを交えて昼にはゲレンデに滑り込んだ。今回は、食事付の1日券を求めてあったので、レストハウスで昼食を摂ってから再びゲレンデトップに立つ。午前より更に雪が固くなってきたので尾根が細くなる地点で終了し、日陰を狙って北に近い尾根からドロップする。日に照らされた部分はモナカ雪で手に余る。仕方がないので沢筋に入り日陰になる側壁を狙ってギルランデで騙しながら滑り降りた。

今日はこの記録から  です