聖山稜線(2017.2.26)

仲間が新しい山域の開拓を行いたいとなので付き合うことにした。過疎の村はどんどん家が少なくなっていく。前回駐車したときにあった家屋は更地になっていた。駐車スペースには1パーティーが準備していたが、先行する様子もないので先に歩き始める。昨日からは10cm程度の降雪があったようだが、わずかにトレースが残っている。1時間30分ほどで先行トレースと別れてラッセルに入る。ラッセル自体たいしたことはないが、尾根のアップダウンが続く。せっかく稼いだ高度をシールで下るのは嫌なものだ。雪庇を巻きながら高度を稼ぐが、最後の細尾根の下りは細すぎる。シールで歯が立たないため担ぎになる。雪を踏み抜いて穴にハマったり転んで木に引っ掛かったりしながら無事にドロップ地点に到着する。しばし休憩してからのスタートはブナの疎林である。若干重いが中斜面のパウダーは地形図で思い描いていた通りの斜面である。気持ちよくシュプールをつけてシュートをトラバースする。ここはデブリが出ていて嫌な感じだ。当初予定ではあと300mほど滑降する予定であったが、偵察山行でもあり雪も腐ってきたのでシールを貼って尾根に登り返して、登るときにつけたトレースに合流する。高度が下がると雪が腐ってくる。駐車スペース付近に戻ったときはストップスノーであった。

今日はこの記録から  です