白沢天狗尾根追悼(2017.2.18)

今日は2年前に遭難した加藤さんの追悼登山のため、シーハイルのメンバー10名で出かける。曇り気味であるが大幅に崩れることは無いとの予報である。白沢天狗尾根は2007年2月の爺ヶ岳滑降以来なので10年ぶりに訪れることになる。先日の雨が氷化して固くなっているのでシールだけでは歩きにくい。登り始めからクトーを装着したのは正解であった。忘れていた景色と加藤さんを思い出しながら4時間程度のハイクで到着する。外気はマイナス7度であるが、風にたたかれなければ寒くは無い。準備をして事故地点に向かう。斜面は急でスラフが流れるがパウダーである。黙とうを捧げた後再び滑降に入る。出だしこそパウダーであったが、覚悟していた通り高度を下げるに従ってモナカ雪に変わる厳しい条件であった。今回は追悼山行として初めて事故現場に入った。10年前にはよく通った場所であるが、気の重くなる場所なので今日が最後の入山になるかもしれない。

【行程】入山地点945m(7:45)= 堰堤(8:30) = 2063m(11:30) = 追悼(11:50-12:10) = 堰堤(13:05) =入山口(13:25)

【装備】Mustagh Ata 19

今日はこの記録から  です