三田原山(2017.2.12)

昨晩は妙高高原で宿泊したが、車の上には30cm近くの積雪がある。これで今日のパウダーも確実になった。目的地は三田原山だがリフトの状況が分からないので、入場券だと思って1日券を購入して、上のリフトが動くまでゴンドラ1本分を滑降する。ゲレンデは以外にも荒れておりリセットされた感じがしない。一滑りした後ゲレンデトップに入ったのは9時20分。すぐ前に15名ほどのガイドツアーがいる。出遅れたので後を着いていくが、沢を渡る場所でパスする。先行者は数名おり尾根沿いの急斜面を直登するようにトレースがついている。連日のラッセル泥棒は嫌なので、我々パーティーは別ルートでトレースをつける。尾根に詰め上がる手前で先行者のトレースに追いついたので、しばしトレースをたどると先行者が休憩していた。ここでラッセルを交代してピークを踏む。稜線は強風で雪が降ってきたので早速ドロップすることになる。当初は西面を狙っていたが稜線を風にたたかれながら歩く気にはならないので仕方がない。狙った南面は当初こそパック気味であったが、すぐにパウダーに変わる。左手には先ほどのスキーヤーが並行してパウダーを楽しんでいる。今回の斜面は初めてとのことでトレースについて滑りたいとの依頼がある。自分の山ではないのでもちろん異論はない。十分滑降を楽しんだあとは緩斜面のラッセルが待っている。他のパーティ-と協力してトレースをつけスキー場に戻ったときは14時を過ぎていた。

【装備】エレメント TLT5(新)

今日はこの記録から  です