親沢から若栗へ(2017.1.29)

下山口に車をデポして早朝のゴンドラに乗る。始発のゴンドラは8時であるが意外にも空いている。ゲレンデトップに降り立ったのは8時30分、早速準備をして歩き出す。先行者はあまりいないようだが、林道はピステンに圧雪されてゲレンデのようだ。今回は裏コルからドロップを予定しているので直接裏コルを目指すことにする。中央にある広大なバーンは荒れてギタギタだが、こちらはトレースが少ない。雪は湿っていて深くないのでラッセルというほどのこともなく10時30分にはドロップ地点に到着した。北面は上部こそスラブ化していたがすぐにパウダーとなり皆の顔も綻んでくる。荒らされていないバーンを30分ほど楽しんでから目印の大岩に到着。しばし休憩ののち、若栗の頭に向かって登りだす。先行者のトレースはあるが、ピカピカに磨かれていて滑るので適当にトレースをつけて行く。若栗の頭に到着したのは12時30分。先行者数人が滑降の準備をしていた。荒らされていない東面のクリーミーな雪を堪能しつつ楽しい一日は終了した。

【行程】ゲレンデトップ(8:30) = 天狗原2160m(10:30) = 大岩1458m(11:05-11:25) = 若栗の頭(12:30) = 白馬乗鞍スキー場(13:15)

【装備】エレメント TLT5-2

今日はこの記録から  です