蒲原山(2017.1.22)

このところの降雪でいよいよパウダー満開の予感がある。今回はいつも楽しんでいるルートとは違う場所を滑ろうとのことで意見が一致する。登りながら、そして滑りながら眺めるルートであるが、定番ルートが素晴らしすぎて滑ったことが無かったのである。新雪は十分にあるがラッセルは膝下くらいである。若いメンバーのラッセルに引っ張られて尾根に乗り上げる。ドロップポイントはブナの広大なバーンである。気持ちの良い斜面ではあるが落とす距離が短い上にトラバースがあるのでシーハイルらしくない。
傾斜が緩むあたりはブナの疎林出る。雪が良いのでスキー板は良く走る。あっという間に滑り降りてからは、もう一回滑ろうと登り返しに入る。ブナ林に存分にラインを引いた後は杉の樹林帯を滑り込んでパウダー三昧の一日が終了した。

行程】入山口390m(8:00)  = 1264m(10:25) = ▼1360mドロップポイント = ▲803m(12:05) = ▲932m(12:45) = ▼入山口390m(13:20) 登り1003m 滑降952m
【装備】エレメント TLT5

今日はこの記録から  です