小日向山(2017.1.14)

朝8時30分三股集合の予定であったが、除雪車の脱輪などのトラブルもあって出発したのは9時15分頃である。幸い仲間が先行してトレースをつけ始めていたが、メンバー全員が合流できたのは林道の中腹くらいまで来た頃であった。一昨日からの大寒波で大雪警報が発令されているため、雪崩地形と急斜面を避けての登りとなる。トレースは全くないためメンバーだけでのラッセルになる。なだらかな沢地形であっても、時として吹き付ける地吹雪と雪に顔が凍えそうになる。強力なメンバーに引っ張られつつも、交代でラッセルして尾根に乗り上げる。尾根筋は気温も低いが心配したほど風が強くないので歩きやすい。しかしながら、気温は低い上にフルラッセルなので歩行スピードが上がらず、ラッセルしているメンバー以外は体が冷え気味である。オーバーグローブとウールの手袋の中の指を握ったり動かしたりで温めながらピークに達した時は午後2時半。温度計はマイナス15度を指していた。今日は安全第一で滑降することとして協議した結果、南側の尾根筋を滑ることになる。うねった尾根は上り下りが若干あるので、時として下りラッセルと登り返しが待っている。斜度が増してくるころには藪も出てくるが、深い雪なのでスピードコントロールに苦しむこともない。南股入の発電所付近に滑り込み、二股駐車場に戻ったときは時間ぎりぎりセーフの4時30分であった。
ところで、今回参加したメンバーのうちテムレスの手袋で最後まで使った二人の指先が凍傷になった。マイナス60度対応の1280円は値段通りのものであろう。
【行程】二股(9:15) = 小日向山(14:30) = 二股(16:30)
【装備】エレメンツ TLT5(新)

今日はこの記録から  です