鍋倉山(2017.1.7)

北信ツアーの初日は鍋倉山。温井の集落を出発したのは7時45分。先行者数人とみられるトレースがある。雪は少ないが昨夜の降雪があったようで膝下くらいの新雪である。いつも行く尾根は雪不足とのことで1本北の尾根から取りつく。林道を歩いてから早速の尾根の取りつきであるが、先行のトレースのルートがあまりにも良くない。文句を言っていても仕方がないので尾根に乗るまでのルート工作をすることになる。
まず一本目は鍋倉山1288mの北面を黒倉山とのコルから落ちる沢筋に合流する1050m地点まで滑り込む。上部こそ藪があったがパウダーのブナ林に大満足である。再び登り返して目指したのは黒倉山1242m。二本目は黒倉山の東面から1100mまで滑り込む。雪が重くなる付近で終了として、再び鍋倉山1288mまで登り返す。鍋倉山の山頂で休憩を取りながらこれで終了との話もあったが、登り返して滑降するというスイッチが入ってしまったため、三本目は南西尾根のブナ林を気持ちよく滑り降りる。ここは気持ちの良い緩斜面でクリーミーな雪に板が良く走る。あまりにも気分が良いのでまたしても登り返すことになる。最後四本目は尾根の側壁から北東面に進路をとり最後の藪を抜けて大満足の一日が終了した。

【行程】高低差1198m

温井550m(7:45) - △鍋倉山1288m(10:20)  - ①▼1050m(10:46)  - △黒倉山1242m (11:25)  - ②▼1100m(11:42)  - △鍋倉山1288m (12:37)  - ③ ▼1169m(12:50)  -  △ 1249m (13:17)  - ④▼温井550m(14:00)

【装備】Elements TLT5(旧) 

妙高前山(2017.1.8)

昨日はガッツリ滑ったので、本日は緩く妙高前山に出かけることになった。天気は昼までは晴れるとのこと。食事券がついたリフト一日券が3900円で購入できるとのことで話に乗った。当初計画では一本滑ってからゲレンデで食事を済ませて、再び登り返すというものである。昨日作ってしまった靴擦れが気になる仕方がない。本日は先行者も見当たらないが、昨日のトレースが残っている。しかしトレースが磨かれ過ぎているので板が雪面に決まらない。そんなことなので、膝下くらいの雪を踏みつけて適当にルートを取っていく。結局仲間に遅れて山頂に到着する。妙高は見えるもののドロップ地点は藪である。なんとかルートを探すがターンが決まらない。藪に導かれるようにルートを取ったことにより、例年滑っているルートから外れてしまい。さらに厳しいカニ下りの藪歩きとなる。藪に負けて板を担いでみたものの、ツボ足では腰までハマってしまいギブアップ。再び板を履き直して正規のルートに戻ると藪は若干薄かった。

【行程】ゲレンデトップ1491m(9:05)  - 妙高前山1932m(10:30)  - ゲレンデ(12:20)

【装備】Elements TLT5(旧)

今日はこの記録から  です