白馬乗鞍裏天狗2日間(2016.12.30〜31)

今年最後というか、今シーズンほぼ初の山スキーは白馬乗鞍岳周辺ツアーとなった。「みそらの」の宿に宿泊して年末を迎えようという計画である。昨年ほどひどくは無いが、里山が雪不足なのでこの山域はとてもありがたい。朝8時前には栂池高原の駐車場に到着するが、ぎりぎりで第2駐車場に駐車することができた。混雑も昨年ほどひどくはなく、8時30分過ぎにはゲレンデトップに降り立つ。昨晩降雪があったようで、一面のパウダーである。トレースが全くない膝くらいのラッセルを、我々のパーティーが先行してトレースをつけていく。11時に天狗原へ到着。後続の多くは白馬乗鞍岳を目指すが、強風の様相を呈していたので迷わずに広大なバーンにトレースを刻む。南面はまだ緩んでいないために雪面に気持ち良いシュプールを刻む。小休止後、自分たちのつけたトレースを再びたどり裏天狗に立つ。強風であるため、南へ進んで風を避けられるポイントからドロップする。雪崩にビビリながらではあるが、見事なパウダーにぶち当たり大満足の滑降を楽しむ。500m近い滑降からは、鵯峰の上のコルを目指してのラッセルである。コルからの滑降は、重めのパウダーとなっている。下部は斜度も緩んでくるので下りラッセルになるが、これもご愛嬌。最後は踏み固められた林道と、栂池のゲレンデを通過して初日のスキーは無事終了。
スキーの後は、「倉下の湯」で汗を流し、ペンションに向かう。今回の宿は素泊まりであるため、夕食は白馬の町に飲みに出ようという目論見であるが、居酒屋が大混雑でどこも予約で一杯である。幸い運よくメキシカン料理屋に空があり、楽しいひと時を過ごすことができた。

明けて2日目の大晦日、小谷の里山を滑ろうかとも協議した結果、標高の低い山ではパウダーが期待できないとの結論に至り再び白馬乗鞍を目指す。始発のゴンドラには遅れたが、昨日のトレースがついている。しかしこれが楽かということになると、仲間のペースが上がることに加え、トレースが滑るのでかえって歩きにくい。林道歩きで靴擦れ気味であることも気にかかるが、11時には裏コルに立つ。昨日確かめた急斜面であるが、雪の結合状況はCTHと出たので滑降に入る。若干パックされているが見事な雪で、当たりくじを引いた感がある。急斜面をやり過ごした後は、尾根をトラバースして平原に滑り込む。休憩後にシールを貼り、昨日つけたトレースに合流して鵯峰上のコルに登りつく。今日は南に進路を取り、今年最後のパウダーを堪能した。

今日はこの記録から  です