八方尾根南面(2016.12.18)

今日からシーズンインの足慣らし。目的地は栂池なので6時30分に出発する。栂池に到着したのは8時だが仲間から連絡が入り八方の国際ゲレンデで待ち合わせとなる。アダムに乗ってスタートするが、片道のゴンドラ券を買い求めようとすると、売り子さん曰く「片道切符はバックカントリーなので、ゲレンデ内を滑降することは罷りならぬ。」との厳しいお達しがある。言っていることは納得しがたい。確かに金にならないお客だろうが寂しいものがある。滑ってしまえばわからないのだろうが、何かあっても嫌なのでゴンドラの往復切符を求めた。リフトを一本乗り継いでから最後のゲレンデをシールで詰め上がる。八方池山荘の前は快晴であるが強風である。しばし尾根伝いに登るが強風にたたかれた雪はパック気味である。風に当りたくないので適当な大地を見つけて南面をまず一本。スラブの上に20センチほどのパック雪が乗っている。足を取られながらなんとか滑り降りる。シールを装着して登り返しの準備をしているとボーダーが続々と降りてきて斜面はあっという間にギタギタになる。登り返した後は、トラバース気味にゲレンデに入るが、雪がもう少し欲しいところだ。今日は足慣らしなのでコース外は終了。兎平のレストハウスでスキー場のためにお金を消費して、しょぼいシーズンインとなった。

【装備】バンディッドB3 


今日はこの記録から  です