八ヶ岳天狗岳(2016.11.5-6)

日が短くなって登れる山が少なくなってきた。おそらく今年は最後になるのであろうテント泊は黒百合ヒュッテとした。黒百合ヒュッテがベースキャンプとなる為、急ぐ必要は無い。麦草峠での集合は10時30分である。定刻にあわせて麦草峠に到着すると、仲間はすでに到着していた。満車だった駐車場がたまたま1台空いたということで運が良い。今回はおっさん二人のテントだが、狭いのも嫌なので4人用テントを持参した。日帰りで行かれるところまで行きたいという仲間も来ていたので、ボッカとして荷物運搬を手伝ってもらうことにする。丸山を経て高見石小屋に着くと、多くのテントが花開いている。夕方までには帰りたいボッカはここにテントを張れと囁くが、その声には耳を貸さずに中山2946mまで水とフライシートを運んでもらう。雲ひとつもない日本晴れからの景色は絶景であるが、風が強いのが残念だ。休憩後はボッカと別れて小一時間歩いて目的地の黒百合ヒュッテに到着。すでに数張りテントが張られているが、ぬかるんだキャンプサイトが多い。慎重に場所を選んでキャンプを張ったあと、小屋のテラスで早速飲み始める。南の日差しが温かい。たまたま知り合った若い娘とベンチでゆっくり寛いだ。山小屋には巨大ツアーが陣取っていたようで居心地が悪かったらしく、夕食後にはテントで再び宴会となった。

空けて2日目、テントには霜がびっしりついている。コースは天狗の奥庭を通る岩稜コースである。巨大パーティーとはルートが違うので静かな旅が楽しめる。東天狗岳は風が強くて寒いので、いったんコルまで下って休憩とする。コンビニで買い物をしたらくじ引きでカルピスが当たってしまったので、仲間に運んでもらったのだ。寒い時にはホットカルピスも良いものだ。西天狗の山頂で景色を堪能した後は、パーティーが解散となり黒百合ヒュッテまで戻ってテントを撤収する。ここから荷物は重くなるが、基本的に下りなので気が楽だ。しかしニュウから下は、木の根と石と泥のミックスで歩きにくい。それでも美しい樹林とコケに癒されての下山となった。

11/5 麦草峠(10:25) = 麦草ヒュッテ(10:35) = 丸山 = 高見石小屋(11:55) = 中山2946m(12:50) = 黒百合ヒュッテ(13:40)

11/6 黒百合ヒュッテ(6:40) = 天狗の奥庭 = 東天狗岳(8:00) = コルでお茶 = 西天狗岳(8:40-50) = 尾根経由 = 黒百合ヒュッテテント撤収(10:05-20) = にゅう(11:00) = 白駒池(11:5) = 白駒荘(12:05-25) = 麦草峠(12:50)

今日はこの記録から  です