上高地〜徳本峠小屋〜大滝山〜蝶ヶ岳〜徳沢(2016.10.22〜24)

今回の山行は4名。とは言っても各自マイプランでテンバにて合流するというもの。ボクのプランは、上高地から入山して徳本峠でキャンプ。2日目は大滝山まで縦走してキャンプ。3日目は蝶ヶ岳を経由して徳沢へ下山というコースである。

今日はこの記録から  です 
10/22
島々で友達と待ち合わせて上高地からの入山となる。初日はのんびり旅なので、五千尺ホテルのビーフシチューランチを食べるのを楽しみにしていた。残念ながら、予約が必要とのことで食べることはできなかった。上高地付近で体が洋食モードなので、レストランのあるホテルを探したが、これといった場所が見つからず断念。失意のうちに明神へ向かう。せっかくなので嘉門次小屋でイワナでも食べようということになり、イワナの塩焼き1000円とかけ蕎麦600円、缶ビール400円を注文する。イワナは焼きあがるのに30分もかかる。新蕎麦の季節であるが、出された蕎麦は間違いなく乾麺である。イワナが焼き上がる前にビールを飲みきってしまった。生簀から出してすぐに絞めたイワナは柔らかくて美味しい。実はこのイワナは、木曽で養殖された魚なのである。食事を済ませて、明神を出発したのは1時過ぎ。急ぐ旅ではないので、のんびり歩いて行く。事前に聞いていた水場を見逃してしまったので、テント場についてから200mも下の水場へ戻って給水することになってしまった。島々から徳本峠に登ってきた友達と合流して、テントで酒宴を張る。今日は酒飲みが少ないので早々にお開きとなった。

10/23
昨日島々から登ってきた仲間は、今日中に蝶ヶ岳経由で上高地へ下るということで朝の4時には出発していった。昨日一緒に登った仲間は、島々へ向かうとのことで6時に徳本峠から下っていた。そして、ボクは上高地から登ってくる別の友達を待ちながら、朝の読書タイムとなる。少々肌寒いが、きれいな空気と島々谷を見下ろしながらの優雅な時間を過ごすことができた。
友達と合流して、9時に徳本峠小屋を出発する。徳本峠小屋は5年ほど前に「国重要有形登録文化財」の調査に同行して以来だが、現在無事登録されている。余談ではあるが、「国重要有形登録文化財」というとすごくエラそうであるが、国宝→国重要文化財→県宝→市町村指定文化財となっており、ランクはこれより下なのである。話を戻して、今日の行程は5時間少々なので焦る必要はない。大滝山へ向かう中村新道は、10年以上前のゴールデンウィークに歩いて以来であるが、やはり見通しの悪い林の中を歩くことになる。標高2350m位の尾根をダラダラと歩くので飽きがくる。前回来たとき崩壊寸前だった槍見台は、きれいに修復されていた。槍見台に登ると見事に槍穂高連峰が見えたが、槍はすぐ雲に隠れてしまった。現在は槍見台という櫓に登らないと山が見えないほどコメツガが成長してしまった。再び視界の悪い樹林をダラダラと登り下りを繰り返す。最後の難所は大滝山へ向かって200mほど高度を上げる急斜面である。喘ぎながら小屋閉めの終わった大滝山荘の前で霧雨になったので、小屋前でテントを張ることにする。日は高いがテントの中で早速宴会を始める。重荷の一つとして持ち上げた炭酸水で作ったハイボールは格別であった。

昼のうちに酒を飲みきってしまった。夕方に晴れてきたので展望のきく北峰へ出てみると見事なブロッケンが見えていた。寒くなってきたのでテントに戻ると、登山道の整備から小屋番が帰ってきた。小屋終いではあるが、ありがたいことにお酒を売っていただけたので、熱燗で寒い夜を乗り切った。

10/24
テントを撤収して朝7時に蝶ヶ岳へ向かう。今日は快晴である。蝶ヶ岳へは緩いコブを越えてからひと登りである。蝶ヶ岳からの展望はいつ見ても素晴らしい。朝からであるが、早速喉を潤した。最後は長壁尾根を下るのみ。蝶ヶ岳は30回以上登っているが上高地に下るのは初めてのことである。長いが緩やかで歩きやすい尾根を歩くこと3時間ほどで徳沢に到着。上高地までの道のりはあるが、ビールで乾杯してのんびり縦走は終了した。