木曽駒ヶ岳(2016.10.10)

千畳敷カール〜宝剣岳渋滞撤退〜濃ヶ池〜西駒山荘〜権現岳〜伊那スキーリゾート
早朝5時30分に伊那インターチェンジで集合して、下山予定地の伊那リゾートスキー場中腹のスペースに車をデポして菅の台へ向かう。民間の駐車場に引き込まれるように車を止めてバス待ちの長い行列に従う。バスに乗車できたのは7時前ごろだっただろうか。ロープウェイに乗るべく、しらび平に到着したのは7時30分過ぎ。ここでも約45分の待ちとなる。千畳敷カールに到着して出発の準備を整えたのは8時45分であった。乗り物待ちは長いが歩いて登ることを考えれば、片道2030円の交通費は安いものだろう。まずは宝剣岳を拝みに出かけるが、最後の鎖場が大渋滞している。しばらく待つも動かないので諦めて乗越まで戻る。駒ヶ岳も渋滞気味なので、駒飼ノ池、濃ヶ池を経て八合目の乗越へ向かう。駒飼ノ池は砂礫に埋まり薄い水たまりの様相を呈していた。濃ヶ池付近はロケーションが素晴らしいので大休止して持参したお弁当で少し早い昼食にした。西駒山荘に到着したのは11時45分。木曽駒ヶ岳経由で稜線を歩いた仲間と合流して下山を開始する。西駒山荘から権現山へ向かうルートはほとんど踏まれていない。木のトンネルと笹薮を歩くが、足元が見えないのでとても歩きにくい。長い尾根は比較的なだらかで、標高2700m付近でも里山のような雰囲気を醸し出している。八丁立2467.8mから1か所急斜面となる。この付近は落ち葉が登山道を隠しているので、時折踏み跡を見失う。登山道は尾根上を行くので尾根を忠実にたどれば平気なのであるが、単独であれば心細くなる道である。3時間近く歩いてようやく権現山に到着する。ここは地元小学生の学校登山に使われるようで、寄せ書きがたくさん飾られていた。ここから下は道も整備されており歩きやすいのだが、ひたすら下山を続ける疲れた足には厳しいものがある。最近の運動不足を嘆きつつ、無事に下山したのは午後4時であった。

今日はこの記録から  です