マクタン島(セブ島)の旅2016.9.21-24

今日はこの記録から  です 

9/21
4時30分に集合し、レガシィで羽田空港へ向かう。8時35分チェックであるが、高井戸付近で渋滞する。駐車をしたのは羽田空港近くのニコニコパーキング。3泊4日で4000円のはずが、繁忙期は8000円であると小さく書いてあった。早速やられた気分。入国審査直前で、鍋ちゃんの手荷物が空かないトラブル発生。パスポートが取り出せないのである。焦る姿に我々は大ウケ。安いツアーなので香港で乗り換えの旅である。空港まで迎えに来たツアーガイドに、モグリの客引きは絶対に相手にしないように釘を刺される。コスタベラ・トロピカル・ビーチホテルにチェックイン後は、レストランで乾杯。ビールとダイキリで楽しい夜は更けた。

9/22
早起きして朝食前の散歩に出かける。プライベートビーチを散歩していると隣接するオープンスペースから声がかかる。客引きのオジサンたちだ。少し冷やかしてから、町の散策に出かける。小中学生がバスケットボールチームを応援するために、鼓笛隊に先導されてパレードをしていた。なかなか良い光景に出合うことができた。
朝食はホテルバイキング。フォーが美味しい。朝食代は1500円くらいであろう。午前中はプールサイドで寛いだり海で泳いだりして過ごす。マンゴリータカクテルはアルコール濃度も十分である。
誘いには絶対乗らずに無視しろと言われていたが、我々はロビーさんという客引きのオジサンにつかまった。内容は「一人1500ペソで3島めぐりをしながら、昼はバーベキューとシュノーケリングを楽しんだ後、夜は彼の娘の誕生パーティーに招待する」という珍企画である。ただし飲み物は自前という怪しい企画であるが、我々いんちき親父はすぐに話に乗った。
昼食は、ロビーさんの案内で、お勧めのレストランに地元ライクな車に乗って出かける。店の名前までは気にしていなかったが、エビチリ、イカ炒め、白身魚のカルパッチョ、豚足のカリカリ焼などで堪能する。銃を撃てる場所に案内してもらったが、興味が無い上に高いのでパスする。地元のスーパーマーケットに寄ってもらい、大量のビールなどを仕入れる。レジものんびりで地元の雰囲気がよくわかる。珍しい景色のドライブを楽しんだ後は、ホテルへ戻ってピカチュー、ヒトカゲ、ニャースなど定番のポケモンをゲットするなどして寛いだ。夕食は歩いて15分ほどのところにあるMARIBAGO GRILLというレストランへ行く。通りすがらの客引きはバイタリティーがあるが一定の距離で諦めるので遇いはさほど煩わしくない。民家などを見ると生活は貧しそうだが、子どもが物乞いをする姿はなく、教育はしっかりしているなあと感じる。レストランはガイドブックのトップに出てくるだけあって人気があり、日本人旅行者も多かった。
仕上げはホテルに戻ってココナッツカクテル。夜な夜なテーブルを回る、流しの楽団とともに楽しんだ。

  ぽん引きが提供する餌のウニ 我々はカモ  
小学校方面がにぎやかなので釣られて見物に出かける
知り合った人の名前をtatooするイカレタぽん引き 鈴木順子という日本語もあった
  カクテルはマンゴリータ  
  豚足のを焼いたものだと思う  
 
    19:00  
 
    カクテル BABYPINK  
 
   
9/23
ホテルの朝食を済ませて、ゲートの外に出るとロビーさんが待っていた。近道があるとのことでついていくが、どう見ても民家の軒先である。雨季であり、船に乗る頃は雨がぱらついていたがほどなく晴れてくる。早速ビールで寛ぎながら、シュノーケリングスポットに向かう。ロビーさんのアシスタントの他に、雇われ船長の親子と我々専用の物売りオバサン二人が乗り込み怪しい探検隊みたいである。やはり海はきれいで久しぶりの海水浴を楽しめた。船が停留していると、ウニやらアワビやらを売りつけようと沢山の人が群がってくる。ここはパブリックスペースなので追い払うようなことはでき無いようだ。再び船を走らせてさらに沖に向かう。昼に食べるためのウニを採ってくれるのだ。我々も釣りをしながら待つが、餌だけ取られてしまい、釣るというわけにはいかなかった。昼は船上バーベキュー。魚や肉を焼くのは、物売りオバサンの仕事である。真っ黒に焼いた魚は、皮を剥いで手で食べる。これが旨くてびっくりした。場所を変えて再びシュノーケリングをして昼の部は終了。ホテルで汗を流して夕方のパーティーに備える。誕生日パーティーは17時30分に開始。期待はしていないが不安はある。民家の軒先というか迷路のようなバラック街を歩いて自宅に案内される。見たところ間口2間半、奥行6間といったところか。子どもが6人という46歳のロビーさんには孫もいる。仲間や従妹とその子供たちが集まった姿は壮観である。少し話を盛っても50人くらいいたのであろう。喧騒の中、家庭料理と毒々しいケーキと生暖かいビールで楽しいひと時を過ごした。最後はオイルマッサージ。とは言っても怪しいところではない。ロビーに頼んで2時間1500ペソを1時間15分850ペソで滅多にできない体験で疲れた体を癒した。
 
 
 
 
 
 
 
       
 
 
 
       
 
 
 
 
 
 
黒こげの白身魚がおいしい 現地で捕ったクラゲも食べる
 
 
 
 
 
 
  長男の奥さんと16歳の誕生日を迎えた娘
 
 
  ちびっ子たちは仲が良い 毒々しいケーキは手作りだが甘すぎて強烈 民家で歓迎されるとは思わなかった
 
9/24
今日は帰るだけ。札付きのボクらもホテルのスタッフに別れを告げる。香港で乗り換えて無事帰宅したのは日が変わった深夜の2時だった。海で使ったリコーの防水カメラはまだ生き返っていない。帰宅後に保険会社に問い合わせをしたところ保険が効くかもしれないとのことだった。いずれにしても同じカメラは買わないだろう。