妙高山(2016.9.17-18)

職場スキー山岳部の行事であるが、2泊3日で雲の平付近を検討していたのだが、台風が近づくとのことで、1泊で妙高山と火打山に登ることになった。空は高曇りだが天狗堂経由での妙高山を目指す。急ぐ旅ではないので、のんびりと歩みを進め、予定通り12時には妙高山の山頂に到着。黒い雲はかかっているが北アルプス方面は展望がよい。1時間ほど寛いでから黒沢池ヒュッテに向かう。ここからの大下りは急で嫌になる。前回逆走した時に苦しんだことを思い出した。大蔵乗越で雨になる。あと20分ほどで到着だが、山頂で寛ぎ過ぎたことが悔やまれる。幸い自分は傘を持ってきたので気楽ではあったのだが。宿泊の黒沢池ヒュッテは夜中土砂降りの雨だった。天気はさらに悪くなっていく。こうなれば速攻で下山ということで、火打山は目指さず早いうちに燕温泉に到着。温泉で汗を流して秋山登山は終了した。

今日はこの記録から  です