爺ヶ岳・鹿島槍(2016.7.22-23)

梅雨明けしないので天気予報に翻弄される。北沢峠宿泊を楽しみにしていたが、天気予報が悪そうなので、入山をあきらめて木曜日の晩の飲み会に遅くまで付き合ってしまった。朝7時過ぎに目が覚めて天気予報をチェックすると北アルプスの天気が上向いている。しまったと思いつつも、これから出発できるところとして、冷池のテンバを目指そうと自宅を9時に出発する。扇沢爺ヶ岳登山口はすでに満車なので、スノーシェード下の駐車場に駐車する。若干の二日酔いと脱水があるが問題ない。10数人のガイドツアーの後ろに着くがほどなくパスをする。1時間ほど歩くが、出発時間が遅いことから気温が高いことからペースが上がらずに苦労する。腰につけたジュース「柚子レモン」は甘すぎて口がベトベトする。喉の渇きから一気飲みをしたためか、ついには下痢との戦いになる。ガイドツアーにも追い越され、苦しくて冷や汗をかきながら種池山荘に到着した。出発から4時間もたってからであった。今日はここでくじけて本日の宿泊は種池とした。
しかし荷物が重かった。テントなどは軽量化できているはずだがということで、持参した液体を調べてみた【水2.5ℓ 炭酸水0.5ℓ ゆずれもん0.5ℓ 発泡酒2本0.7 ℓ テルモスお湯0.8 ℓ ウイスキー0.3 ℓ】なるほど重いはずだ。液体だけでも5.3キログラムもある。結局水を購入することなく間に合ったが液体の量は考える必要があった。

あけて2日目。昨日の反省をもとに昨夜のお酒も軽めにして、水とお湯で1.3ℓでスタートする。昨晩聞き耳を立てていたら、東京の夜明けが4時45分とのことらしいので、爺ヶ岳ご来光を目指して4時に出発する。ヘッデンをつけての出発であるが、ほどなく明るくなる。快調に歩いて無事爺ヶ岳でご来光を拝む。朝の涼しい風の中を気持ちよく歩いて、7時15分に無事鹿島槍のピークを踏む。意外と早い時間であるが雲が湧いてきたので、早々に下山を開始。冷池山荘を過ぎるころには爺ヶ岳も鹿島槍も雲に隠れ始めた。帰りにもピークを踏もうと思ったがその必要もなくなりテンバへの帰りを急ぐ。荷物をまとめてカップラーメンの昼食を済ませて昼過ぎには下山した。

7/22(金)扇沢(10:20)=種池山荘(14:20)

7/23(土) 種池テンバ(4:05)=爺ヶ岳ご来光(4:45)=冷池山荘(5:45)=布引山(6:40)=鹿島槍(7:15-30)=種池山荘(10:15-11:10)=扇沢(13:10)

【装備】水2.5ℓ 炭酸水0.5ℓ ゆずれもん0.5ℓ 発泡酒2本0.7 ℓ テルモスお湯0.8 ℓ
ウイスキー0.3 ℓ 缶詰2個 アルファ米2食 パン1個 サラスパ+レトルト トマト+キューリ テント シュラフ マット 文庫本 ラジオ ipad レインウエア ダウンウェア ピンチパック

今日はこの記録から  です 
10:20    
14:32    
モミジカラマツ ツマトリソウ  

キヌガサソウ

 

   
  種池  
  ミツバオウレン  
    4:08
  4:45 爺ヶ岳南峰  
  5:40  
  チシマギキョウ ミヤマダイコンソウ
  6:40  
  7:15