烏帽子岳(2016.7.17)

後輩の誘いで烏帽子岳を往復することになった。ブナタテ尾根は何回か来たことがあるが意外に厳しい場所という認識がある。大概が縦走の初日に使っているので20kgを超える荷物での入山だが、今回は日帰り装備なので気は楽である。始発のタクシーに相乗りで高瀬ダムに着く。残念ながら曇である。湿度の高い陰気な天気の中、汗をかきながら登り始めるが、ほどなく雨が降り始める。樹林帯の中なのでしばしそのまま歩くが雨脚が強まってきたため傘をさす。急登をガイドツアーであるという若い娘さんと抜きつ、抜かれつしながらようやく烏帽子小屋の前に出る。ほぼ空身であるが重荷を背負って登れた頃と時間的に変わらないのは寂しいものだ。雨は降っているがピーク近くまで行こうと歩き出す。稜線のコマクサやイワギキョウ、イワツメクサが美しい。10分ほど歩きだすと横風と雨が強くなる。大きな声では言えないが、半ズボンでおまけにレインウエアの下を持ってきていないので、ピークを目指す後輩と分かれて烏帽子小屋に避難する。小屋で日本酒を一本求めて、お燗使用しようと思うが、最近買い求めたバーナーが着火しない。ライターやマッチを持ってこなかったのはヒューマンエラーである。しかもTシャツも濡れていて寒い。小屋の中だから良いものの、久しぶりの大反省となった。後輩が戻るまで、常駐しているらしい山岳警備隊の皆さんと雑談して時間を潰し、昼前には下山を開始する。冷えた足が攣り気味で、芍薬甘草湯とアミノ酸でドーピングして下山。七倉山荘で入浴し疲れを癒しての帰宅となった。下山して2日目に筋肉痛が出ている。この次はもう少しまともな装備で歩かないと事故を起こしてしまうと反省の登山であった。

今日はこの記録から  です 
5:15 七倉ダム駐車場 5:40 高瀬ダム 5:45 トンネル歩き
5:50 不動沢の吊橋 5:50 不動沢の吊橋 5:55 濁沢幕営地
  6:10 烏帽子岳入山口標識  
    センジュガンピ
    6:55   9/12のカウントダウン標識
7:15   7/12のカウントダウン標識   サンカヨウ
ヤマホタルブクロ ゴゼンタチバナ  
8:15 水準点 2200mくらい ギンリョウソウ 8:25 タヌキ岩 2250mくらい
8:45 崩落   ヨツバシオガマ
クロトウヒレン ウサギギク モミジカラマツ
モミジカラマツの葉 9:30 烏帽子小屋通過 9:30-9:50 花畑散策
コマクサ コマクサ イワギキョウ
  イワギキョウ 9:50-11:25 烏帽子小屋
9:50-11:25 烏帽子小屋 チシマギキョウ  
  チシマギキョウ  
12:10 タヌキ岩 マルバダケブキ かな タケシマラン
ブナタテのブナ12:10 タヌキ岩    
13:45 高瀬ダム登山口 13:45 高瀬ダム登山口 13:50 濁沢で休憩
13:50 濁沢で休憩 13:50 濁沢で休憩 15:30 七倉山荘入浴