霧ヶ峰(2016.7.5)

朝起きると北アルプス方面は、どんよりと雲が立て込めている。天気予報もあまり良くないため、霧ヶ峰に出かけることにした。ドライブして霧の駅に立ち寄ることは数回あるがトレッキングは初めてである。諏訪市から車で入り最初の駐車場である霧ヶ峰スキー場から入山する。マレットゴルフの音が響く中を登り始める。霧鐘塔という鐘を眺めながら丘を歩くと15分で霧の駅に到着。ここを登山口にすれば良かったと思いつつも位置関係が理解できたので良とする。霧の駅から車山の肩へ向かっては、ビーナスラインと平行したラインをとってみたが、趣が無くて失敗であった。車山山頂も踏みたかったのでピークを経由して八島湿原へ向かうが、車山へのなだらかすぎる登山道には閉口する。山頂からの展望はまずまずであるが、雲が低く垂れこめているため、八ヶ岳は雲の中であった。八島湿原までの道は心地よいアップダウンである。湿原には期待通りに花が咲いていた。のんびりと花を見ながら湿原を周遊して帰路につく。沢渡の分岐で若干の道迷いをしたあと駐車場に向かうが、車山の肩のニッコウキスゲがきれいだったことを思い出し、回り道ではあるが登り返すことにする。十分にニッコウキスゲを堪能して下山となったが、あとでトラックデータをみたら19kmと意外と距離があって驚いた。

霧ヶ峰スキー場(7:30)=霧の駅(7:45)=車山肩(8:30)=車山(9:05)=蝶々深山(9:45)=物見岩(10:05)=八島湿原鎌ヶ池(10:35)=八島湿原八島ヶ池(10:50)=旧御射山遺跡八島湿原鎌ヶ池(11:25-11:45)=沢渡 (12:00)=車山肩(12:25) =霧の駅・自然保護センター(13:05-13:25) =霧ヶ峰スキー場(13:40)



今日はこの記録から  です 
  物見岩  
キバナノヤマオダマキ 八島湿原 ニッコウキスゲ
コバイケイソウ 八島湿原 八島湿原
八島湿原 ニッコウキスゲ アヤメ
オオカサモチ アカギキンポウゲ ニッコウキスゲ
イブキトラノオ グンナイフウロ キバナノヤマオダマキ
モミジカラマツ    
  車山の肩にて