乗鞍春バス
(2016.5.15)本日は3回目の春バス。始発が7時半になったとのことで6時過ぎには自宅を出発する。今日のバスは5台でありなかなかの盛況である。シールをつけてトップ集団で出発するが先行者が見える。おそらく位ヶ原山荘宿泊かテント泊であろう。靴擦れが出来るほどのスピードで歩き(靴擦れ帽子テープを途中で貼り)、剣ヶ峰のコルからはトップで滑り降りる。ザラザラのザラメで大変気持ちが良い。斜度が緩くなる場所からシールを装着して登り返しに入る。再び剣ヶ峰とのコルに立つ。先ほどの斜面が快適だったので再び同じ場所を滑降する。ノンストップで滑れるのは乗鞍春バスの醍醐味だ。除雪の進んだ肩の小屋下のバス停から、次は富士見岳方面への登りに入る。途中雪が無くなり担ぎとなるが、無事に狙った位ヶ原方面へ滑り込む。30分ほどの待ち時間で休憩を取り13時半発のバスで下山した。

【Bandid B3(68)TLT(65)TLT5-新(33)】

今日はこの記録から  です