鳥海山珍道中(2016.5.5-5.8)

【MustaghAta(17)RAD(17)TLT5-旧(65)】

今日はこの記録から  になります 
松本〜富山飛越トンネル〜松本〜山形県遊佐町移動距離 700km(2016.5.5)

天気に悩まされ、1日おきに雨マークのGW。予定を伸ばしに伸ばして、3泊4日薬師岳の旅へ出発した。今回は太郎小屋定着で、薬師岳の中央カールと薬師沢、翌日は足を延ばして、ウマ沢や赤木沢を滑りまくろうとの計画である。相棒が自宅に来たのは午前3時のこと。車を快調に飛ばして飛越トンネルについたのは5時30分頃だ。早速準備に取り掛かるが相棒がシールを忘れてきた。なんということだ。自宅まで110kmの旅を引き返してシールを取りに戻る。この時すでに朝の8時を過ぎていた。再び110kmを走っても今日の入山は不可能である。ガクッということで作戦会議。そしてなんと思いつきで鳥海山まで行くことに決めたのである。

自宅から高速道路に乗り一路東北を目指す。これから向かう場所は東北だ。しかも宿も何も決まっていない。それでも、村上市にある鮭の博物館である「イヨボヤ会館」隣の物産センターでサケトバを購入するのと、昼食をサケの定食でも頂くことを目的にする。ひたすら走り12時には無事新潟県村上市に到着。美味しくサケの親子丼を頂きとりあえずの目的は達成する。山形県遊佐町に到着したのが、午後3時前である。道の駅でつまみの玉コンニャクなど求めてから何処に行こうかと作戦会議を行う。祓川ヒュッテが泊まれるのでそこへ向かおうかとも思ったが、海の見える滑降ルートのある「大平山荘」へ泊れるかもしれないと思いつき連絡をとると宿泊が可能とのことだ。夕方山荘に到着したのは3時30分である。自宅から富山往復220km+山形県遊佐町まで480kmを加えた700kmの長い移動が終了した。

サーモンハウス 海鮮親子丼 遊佐町で物色
大平山荘 一杯くらいは 意外と安い宿

鳥海山千蛇谷(2016.5.6)

海の見えるルートである「千蛇谷コース」は朝8時にならないとゲートが開かないので、前日入山でないと日程が厳しくなる。我々はアドバンテージがあるので、朝6時にゲート内にある「大平山荘」を出発する。入山は吹浦口となる。象潟口のほうが若干高度は上であるが、夏に登ったことがあったので新しい場所も楽しみだ。駐車場からは一番乗りである。思いつきの転進であるため、紙の地図を持たずに出発である。ipadに地図は入っているものの取り出しが面倒なので、ゲスト状態での登りである。先行者も見えず、やや藪っぽい尾根を右手に見ながらの登りである。歩きやすい場所を適当に見繕い、歩くこと1時間で赤布が見えてきた。振り返れば日本海がきれいに見えてうれしくなる。登ること2時間半、8時30分に御浜小屋に到着。手前に見える扇子森は雪が少ない。何とかシールで登りあげるが、上部はハイマツが見えているので担ぎとなる。千蛇谷コースと尾根コースの分岐で観察しながら30分ほど休憩する。尾根を「適当に詰めあがればいいや」程度に思ってロクに地図を見ていなかったが、ここで千蛇谷も登山道があったことを初めて知った。千蛇谷に滑り降りた後は、右手からの落石に気をつけながら高度を稼ぐ。しばらくすると3人のスキーヤーが滑ってきた。ザラメで気持ち様さそうである。挨拶を交わして再び登りだす。終了地点の大物忌神社には12時30分到着である。シールをつけたり担いだりで意外と時間がかかった。神社でお参りをしてドロップ。青空と最高のザラメの中を海に向かって気持ちよくドロップする。さすがに下りは早くて、あっという間に分岐についてしまう。ここのわずかな登り返しは、アイゼンを装着して慎重に歩く。御浜小屋付近の歩きを避けてトラバース気味に高度を落としたが、結局笹薮の上を歩くことになる。しかしこれもご愛嬌である。高度を落とすに従い雪は重くなってきた。青かった空も白い雲が出て風が強くなる3時30分無事入山口に滑り込んだ。
ここからは、明日滑る予定の祓川コースへ移動である。ナビに頼る道が、ことごとく通行止めでウロウロする。諦めかけてキャンプをしようと思い、管理棟と間違えて訪ねた先で道を教えてもらう。「祓川ヒュッテ」に到着したのは消灯寸前の9時前だった。

【行程】入山口(6:10)=御浜小屋(8:30)=分岐1800m=大物忌神社(12:30)=御浜小屋付近(14:35)=下山(15:20) 距離:14.5km 時間:9時間15分 高低差:1100m

 

祓川ヒュッテ停滞(2016.5.7)

天気予報通りの荒天である。昨夜から降り続く雨と強風の上、ガスで視界が無い。これでは、ヒュッテから出る気にもならない。大量に持ち込んだ酒とつまみで時間を潰す。午後3時過ぎにようやく雨が止んだ。少し偵察に出ても良い気がしたが、その時すでに午後4時であったので、談話スペースの片隅で酒宴を張る。その後、大人数で訪れたICI主催のツアー客にのみ込まれて夜は更けた。

鳥海山祓川(2016.5.8)

今日は帰宅しなければならない。外は強風、鳥海山上部は雲の中である。しかし滑りたいということで、朝6時前に出発する。先行者はスキーヤー2名とツボの登山者である。快調に登り1時間ほどで避難小屋を過ぎる。しかし1700m付近から風が強まり、ガスが出てくる。ガイドの赤布はあるものの心細い。このあたりから雪が固くなってきたのでクトーを装着する。様子を見ながら登るものの、天候が好転しないので下山を決定してシールを剥がす。ガスの中をポール沿いに100mほど高度を落とすと視界も良くなり、気持ちの良いザラメとなる。300mほど気持ちの良い斜面を滑降すると大勢の登山者が登ってくる。時間も早いのでもう少し滑ることとして、1700mまで登り返す。ピークへ向けての未練は残るが、今日はこれまでとして3時間半のプチツアーは終了した。
しかし、ここから松本まで帰らなければならない。500kmドライブしなければならないのだ。先日迷った道は、難なくパスして海岸道路に出る。今日が最後なので、記念に「ばばあのアイス」を頂くことにする。なかなか上手に飾り付けるものだ。昼食は酒田漁港だ。バカな相棒は、ドライアイスの煙で演出された丼を注文した。メニューに丼2杯分のご飯と書いてあるのを、気がつかずに注文したのだ。案の定食べきれない。「シールを忘れる。」「ボクの車を雪壁にぶつける。」など、悪行の限りを尽くして珍道中は終了した。来年こそは、薬師岳を滑りたいものだ。バカなボクは懲りずに同じパーティーで出かけることになるのだろう。

ばばあのアイス ババベラ200円 海鮮山鉾丼 ドライアイスで演出 海鮮なんとか丼