乗鞍春バスは烈風(2016.5.3)
GWの天気は安定しない。3泊で薬師岳方面を予定しているのであるが、天気予報が悪いのでズルズルと先延ばしになっていて、出発はついに5日からとなってしまいそうだ。現在使っているシールはエッジが露出していて滑りやすいことに加え、ディナフィットのクトーは効きが良くないため、直づけアイゼンを自分でつけ直してみた。そんなことでテストをかねて乗鞍の春バスに乗る。バスは5台で仕立てられているから200人くらいはバスで入山だ。天気予報では午前は晴れるらしいが位ヶ原ではすでに強風で嫌な予感がする。ひと坂登ったところで前を見ると強風をついて数十人がピークに向かっている。我々もパーティーを分けて登ることとし、僕らは富士見岳へ向かう。やはり風が強く2700m付近は耐風姿勢を取りながらの登りになる。畳平を経て位ヶ原へドロップ。上部は風が強いが沢場の地形は風が遮られているので快適だ。なかなか良いザラメなので再びシールを装着して登り返しにかかる。だれもいなくなったゲレンデ場のバーンはさらに素晴らしく気分の良い滑降となった。

今日はこの記録から  になります