小日向山(2016.4.30)

GW前半の3連休。昨日は雪が降ったようで爺ヶ岳の「種まき爺さん」が姿を消している。松本平もきれいな青空が出たので少し遅いが鑓温泉へ行こうと思い立った。猿倉に到着したのは9時少し前。駐車場は9割の入りである。雪はないのでザックに板を取り付けて猿倉荘へ向かう。猿倉荘の前で、警備隊から「どこまで?」とチェックが入る。小日向山へ行くと伝えて無事入山。白馬大雪渓の雪崩を警戒しているようだ。夏道分岐まで来ても雪が無いので、長走沢はやめて夏道に入る。雪は少なく、シールを装着したのは尾根がかなり緩やかになる場所からである。藪が出ているのでジグザグと歩くが、溝が入ってうねっているので歩きにくい。小日向のコルに向かっては緩んだ雪の快適な登りでコルには11時ごろの到着である。青かった空も少しずつ雲がかかりだした。風も出てきたので鑓温泉はやめることとして、小日向山のピークを踏む。のんびりしたかったが風が強くなってきたので、早めの昼食を済ませてドロップ開始。ザラメのバーンは気持ちが良いが、すぐに終わってしまった。デブリと藪で滑りにくいので、右手沢沿いを滑ったが下り過ぎてしまい、トラバースで藪漕ぎと泥つき歩きを余儀なくされる。夏道に戻るが藪と溝でスキーにならず担いで下山した。まだ1時過ぎであったが自動車の窓にはぽつぽつと霧雨が落ちてきた。早々の下山で正解だったようだ。  

今日はこの記録から  になります