八方尾根丸山から無名沢と八方沢(2016.4.10)

八方尾根を登り、最終的にガラガラ沢を滑る予定で二股に自動車をデポする。アダムとリフト2本を乗り継ぎゲレンデトップに立ったのは9時過ぎ。ゴンドラ下は雪が全くなく茶色の土が見えている。リフト直下はザクザクのコブバーンであった。ゲレンデトップからシールをつけて登りだすが、尾根沿いは雪が無いのでトラバース気味に登っていく。途中所どころで雪が切れて板を担いでの登りとなる。前後には無数のスキーヤーと登山者で大賑わいである。寒くは無いものの高曇りで爽快な晴れ空というわけにはいかない。久しぶりにピッケルとアイゼンを持参してみたがピークを踏む気がしなくなったので丸山で終了となる。登山途中で覗いた無名沢は喉の部分が黒くなっておりデブリと雪不足が混じっている。しかしながら、ザラメのバーンは美しいのでとりあえず300m弱の滑走に入る。やはり期待に違わない素晴らしい雪であった。再びシールを貼って尾根に登り返し、東の八方沢を滑降する。300ほど滑ってザラメ雪が重くなってきたところで第3ケルンへ向けての登り返しとなる。急斜面のトラバースはザクザクの雪で滑落の心配こそなかったが、条件が悪ければ危ういので今回はルートミスであった。少しでも地図を見ておけば、仲間がトラバースしたルートを使ったに違いない。第3ケルンからは尾根通しにゲレンデに戻り、途切れ途切れのグサグサになったコブ斜面と闘いながら名木山ゲレンデに辿り着いた。名木山は今日で営業終了とのこと。八方もGWの営業は厳しいかもしれない。

【行程】ゲレンデトップ(9:10) = 丸山ケルン(11:50) = 無名沢2077m(12:30) = 尾根2157m(12:50) = 八方沢1838m(13:05) = 第3ケルン1843m(14:05) = 名木山ゲレンデ(14:55)

【MustaghAta(13)RAD(13)TLT5-旧(63)】

今日はこの記録から  になります