乗鞍岳位ヶ原(2016.4.3)

松本城の桜は、もう7分咲きと聞いた。異様に早い開花でびっくりしている。でも我家近くはまだつぼみである。雪不足で手詰まり感がある中で先週に続き位ヶ原まで出かけることとなる。あわよくば肩の小屋まで行けるかとの声もあったが、当方はそんなつもりは全くない。乗鞍スキー場は、今シーズン最後の営業日であるが、雪が少ないのでお客さんも少ない。国民休暇村からリフト3本を乗り継いでゲレンデトップに着く。先週はまで繋がっていたカモシカゲレンデはズタズタである。ゲレンデトップでは、上を目指すスキーヤーやボーダーは意外と多くて驚く。春スキーだけあって皆のんびり歩行の上、シール歩行に慣れていないスキーヤーも多いようだ。
若干の雨は心配したものの、高曇りの中を位ヶ原へ到着する。予想通り風が強く寒い。今日はここで終了なので早速シールを剥がしてザラメの滑降に入る。少し足を取られるが、どんどん登ってくる人々を縫いながら滑りゲレンデに到着した。ゲレンデに戻ったのは11時ちょっと過ぎである。マウント乗鞍営業最終日イベントで配布された100人山賊バーガーを頂いた後、一ノ瀬園地に場所を移して、焼肉&チーズフォンデューで仲間との懇親を深めた。

【MustaghAta(12)RAD(12)TLT5-旧(62)】

今日はこの記録から  になります