乗鞍ゲレンデトップ位ヶ原手前まで(2016.3.28)

結論から言えば良いとこ無しのハズレツアー。天気予報では昼までは晴れるとのことなので、手軽に出かけることのできる乗鞍岳肩ノ小屋を目標とした。マウント乗鞍の駐車場へ向かう途中に目に入る鳥居尾根は3月とは思えないほど雪が無い。駐車場も全面土が見えている。回数券を2枚でリフトを乗り継ぎゲレンデトップに立つ。先行者は、スノーシューのガイドツアー10名と、単独のスキーヤーである。ゲレンデトップからの取りつきの一番急な部分は氷化しており滑り落ちてしまう。気を取り直して自分の角度でジグを入れる。切り開きに入ると直射日光が指し、斜面が緩みだす。日焼け止めを持ってこなかったことを後悔する。ビーコンも確信的に忘れはしたが・・・。のんびり歩いていると天気予報通り曇から小雪に変わる。あと少しで位ヶ原への斜面というところで気温が急に下がり雪面が氷となってきた。これではもう登る価値はない。あっさりと諦めてシールを剥いで滑降に入る。トレースの何本も入った斜面はカリカリになり滑りにくい。ゲレンデトップ付近までアイスバーンであった。ゲレンデに戻ると日が射している。ここは温かかったようだ。雪はシャーベットの水になりストップスノー。大ハズレの半日プチツアーであった。スキー場の営業は来週までだが雪はあるのだろうか?来週温かければ乗鞍岳を目指してみようかとも思う。
【装備】 Mustagh Ata(11) RAD(11) TLT5旧(51) 

今日はこの記録から  になります