金山沢(2016.3.27)
天気予報では雨の心配が無いので、春用の装備で8時に二股を目指す。車をデポして栂池に到着。鐘の鳴る丘ゲレンデは半分ほど土が露出していて残存シーズンが少ないことが肌で感じられる。ゴールデンウィークは営業していないかもしれない。ゴンドラからロープウェイを乗り継いで9時過ぎにはシールを貼る。ロープウェイ出口でパトロールの方にスノーブリッジの様子を伺うと、「うまく渡れば1か所は通れます。推奨はしていませんが。」とのことで一安心。忘れ物を取りに戻ったメンバーがいるので、自然園はのんびりと待ちながら歩くことにする。クロスカントリースキーで自然園を散策する家族がいて長閑である。先行者が10名ほどいるのが見て取れる。2時間弱の歩行で2301mポコ下に到着。船越ノ頭を目指すメンバーを見送り、2240m付近の吹き溜まりで風を避けて休憩する。足元に穴を掘り腰かけてのハイボールタイムを優雅に楽しんだ。我ら休憩組は、ピークハント組が降りてくるのに間に合うように2450m付近のデブリ末端を目指す。雪も固くなっているデブリ末端でピークハント組をギャラリーするが、雪が固くて滑降に手こずっているのがよくわかる。行かなくて良かったと思える瞬間であった。昨日は湿雪を気持ちよく滑れただろう。今日は、うっすら降った雪の上のトレースが、ガチガチに固まっていて滑りにくいのでできるだけ荒れていないバーンを選んで降りていく。それでも標高を100mほど落として、風の影響を受けにくい谷に入ると雪が緩んで良いザラメになった。気持ちよく滑降した後の心配していたスノーブリッジだが想像以上に頑丈であった。白馬沢出会いに到着したのは13時と早いので、長走沢を散策に出かける。やはり5月中旬並みの雪の量でグリーンシーズンが近いことを肌で感じる。小日向のコルまでは行かずに、クリーミーな雪を堪能した。あとは猿倉林道を下るだけだが今日の核心部分は猿倉荘のちょっと上のこと。気持ちよく尾根を下ったところ雪がついておらずに、雪崩柵沿いをきわどく歩いて終了となった。

【行程】 ロープウェイトップ1820m(9:05) = 2250m休憩(10:45-11:25) = 2450m終了地点(12:20) = 白馬沢出会いスノーブリッジ1380m(13:00) = 長走沢1510m(14:00) = 二股(15:25) 距離:15.4km(ゴンドラ等を除く) 高低差1620m

【装備】 Mustagh Ata(10) RAD(10) TLT5旧(50)

今日はこの記録から  になります