酸ヶ湯温泉と八甲田山(2016.3.19-21)

2/19(土)
雨の中の小牧空港を出発する。青森空港も残念ながら雨であるが、ボクたち二人はあらかじめ買い出し部隊を志願してあるのでスキーの予定は入っていない。青森空港からはバス(700円)で青森駅に向かう。やはり雨足は強い。早速みんなで食べるためのつまみの買い出しに向かったのは「アウガ新鮮市場」。いろいろお店を冷やかして歩くが、店員のおばちゃんは親切である。。何を買ったかと言えば、スジコ(2,100)、ホヤ(500)、ホタテ14枚(2,000)、タコ(1,250)、焼ウニ7個(6,000)、ソイ昆布締め3個(900)、つぶ貝(1,600)、煮エビ(400)、ホッケ・ハタハタ・ニシンの寿司(2,500)、中トロ3種(3,000)、わさび(110)、モズク(300)、これで20,360円也。2日間にわたって豪華なつまみを用意できた。
 荷物をコインロッカーに預けた後は、仲間が調べてくれてあった「おさない食堂」に出動。地酒「じょっぱり」と地酒「田酒」の飲み比べ。つまみは、ホタテとウニの鍋風が特に美味しい。ハタハタの揚げ物とエイの煮つけで落ち着けた。
 そのあとは、津軽三味線のライブ演奏を見ることのできる「りんご箱」へ出動。ここはりんご箱に座るのです。「えり奈さん」の津軽三味線を聞きながら、またしても「田酒」で乾杯。キリリと良く冷えている。特等席で見るライブと美味しい酒に感動して楽しい時間は過ぎて行った。
 青森駅から酸ヶ湯温泉までは、従業員送迎用の無料バスに乗って15時に到着。早速入浴を終えて宴会に入る。今日は雨が強すぎてガイドツアーが中止だったということで、仲間も温泉と酒三昧だったようだ。16時からは全員そろっての2回戦を開始。先ほど仕入れた魚介に舌鼓を打っての大宴会となった。

今日はこの記録から  になります

 

 
2/20(日)
 朝食は温泉にお願いしてあるのでバイキング形式の食事をいただく。種類も豊富なのでついつい欲張り過ぎてしまう。外は曇模様であるが半日ツアーが催行されるとのことで参加する。朝8時に集合でロープウェイ乗り場まで送迎バスで移動する。大変な混雑と順番待ちやらで、ツアーがスタートしたのは10時を過ぎていた。若干のシール歩行があったが高度変化のないトラバースで「銅像ルート」に入る。約70名の大所帯ではあるが雪はなめらかで好きなラインが取れるのでストレスなく午前中が終了した。ところが昼食がストレスで、手際の悪さが引き立ち1時間近くも料理が出てこなかった。
 午後は2時集合のスタートで「八甲田温泉ルート」である。相変わらずの大所帯であるが、天気も回復して視界も良くなったので意外と楽しむことができた。
 
2/21(月)
昨日の反省を生かして、軽めの朝食として出発する。1日ツアーは「箒場岱ルート」であり、標高にして300m位の登りはある。昨日より若干人数が少ないものの隊列は縦に延々と長い。斜度は急ではないが凍っている。ピーク付近が全部凍っていたら困るなあなどと考えながら登る。コルが近づくと強風で寒い。高倉健と北大路欣也ダブル主演、「八甲田山」のテーマを思い出しながらトボトボと付いて歩く。井戸岳のコルにある避難小屋の前は烈風である。早々に逃げ込み、酸ヶ湯温泉で作ってもらったお弁当でお腹を満たす。午後の出発はカリカリの氷のスタートである。シュカブラこそできていないが固くなった大地で追い風を受けて反対側の斜面をトラバースしながら回り込む。ここの大斜面はこの季節には珍しいパウダーで、みんな存分に滑りを堪能する。下部も柔らかな雪が続いており楽しいツアーが終了した。