大渚山(2016.3.13)

朝7時に大草連の集落に集合する。本当に記録的な雪不足で集落最終地点までアスファルトが露出している。取りつきも雪が無いため林道歩行を余儀なくされる。ブナ林の中は景色が美しい。少し氷化していたので楽に登るために自分だけクトーを装着した。快適に高度を稼ぎ約2時間で大渚山に到着。GPSのトラックデータでは高度差765mなので良いペースである。山頂に立つと展望台と記載のある構築物ある。メンバー全員が初めて目にしたのであるが、例年は雪の中に埋もれているのであろう。風が出てきたので一段下がったところでシールを外して北面に飛び込む。アイスバーンの上に10cm位のパウダーがあるが、我々にはこれで十分である。300mほど滑降して雪が腐ってきたので登り返しとする。滑るには快適であった斜面も、登り返しとなると雪がずれて歩きにくい。1時間ほどで登り返しを終えると風も止み日が射している。おかわりをもう1本滑るという仲間がいるので珍しい大休止となる。下山は沢を滑ろうと東に向かうが、藪が埋まりきっていない。いつもより4mは雪が少ないようである。引き返して南のブナ林に入るとクリーミーなザラメ雪でスキーが良く走る。今シーズンは短いと感じながら林道へ滑り込んだ。

大草連(7:10) =大渚山(9:10)=北面滑降1280m(9:35)=大渚山(10:40-11:50)=大草連(12:30)

移動距離:9.26km 行動時間:5時間30分 高低差774m

今日はこの記録から  になります