昼闇山(2016.3.6)

一昨年の3月に昼闇山のスキーを計画したが流した記憶がある。焼山温泉に前泊したのだが、朝出発しようとした時、年に1回のイベントで空沢山へのヘリスキーがあり、迷わずに受付に並んでヘリコプターに乗ってしまったのである。そのまま縁のなかった山であるが今回は無事出発する。ロクに地図を見ていない「私を山に連れてって」という感じでの参加のため、林道の長さが身に応える。しかも足の手入れもしていなかったので、靴擦れがおきそうな状態で騙しだまし歩くのが辛い。アケビ平を過ぎてようやく沢筋に入っていくのだが、昼闇谷の沢底は、まさかどこまで続くのかと思うくらいキャタピラーで荒らされまくっている。昨日のスノーモービルであろう。沢筋を詰めてカールに向かっても良かったのであるが、雪質は期待できないと考えて右手の尾根に乗る。側壁からカールを覗き込むとスノーモービルのトレースでひどいことになっている。これを見た途端、一気に登る気が薄れて1350m付近で終了となった。最初の200m位は滑るのになんとかこなせる雪であったが、それから下はガタガタのトレースの苦行に耐え、昼には焼山温泉に帰着した。

焼山温泉 (8:00) = アケビ平(8:50)  = 1345mドロップポイント (11:10)  = 焼山温泉 (12:15)

移動距離:12.6km 行動時間4:20 高低差994m

今日はこの記録から  になります 
アケビ平を過ぎるとキャタピラー地獄
昼闇のカールはスノーモービルのトレースでギタギタだった