小日向山(2016.2.28)

昨日に続いてのツアーは小日向山。気温が上昇しており暖かい。今回は仲間に、いつもと別の取りつき地点を教えてもらった。林道分岐点からの登りは、取りつきが急なので氷化していると歩きにくいかもしれないが、今回は柔らかな雪なので全く問題は無し。先行者はいないのでトレースをつけていく。杉の植林地帯はなだらかな尾根であるが特有の暗さがある。1時間半ほど歩いたところで見覚えのあるいつものルートに出ると2名のスキーヤーに出会う。挨拶をしたけど返事はなかった。膝くらいのラッセルが続くが雪が重くて難儀する。
2名の後続スキーヤーは模様眺めで、我々に追いつかないようにトレースをたどってくる。標高が1400mを過ぎるころから雪も増えて重くなってくるので意外と厳しいラッセルが続く。ラッセルを交代しながら、本日の終了予定地に到着。少し遅い昼食をとりながら寛いでいると、先ほどのスキーヤーが追いついてきた。挨拶も無く、また抜いていこうともしない。
我々は狙う谷に向かうためにトラバースを開始。上部は思いのほかにパウダーが残っていてうれしくなる。比較的安定した雪ではあるが、サンクラストした部分はスラブとなっているので注意が必要だ。尾根筋は急で藪っぽいのでルンゼでの滑りを堪能する。斜度が緩む頃には、春のようなソフトクリーム状の雪質に変わり気持ちよくシュプールをつけて林道へ滑り込む。最後はヒールを開放して滑りと歩きを繰り返して駐車場へ到着した。
スノーボードで同行した仲間を待つ間に、例の2名が駐車場に帰ってきた。下りまでギタギタになったトレースを追いかけてくるとは思わなかった。

二股 = 取付(9:40)  = 尾根合流(11:15) = 終了地点(12:50-13:15) = 林道 (14:00) = 二股 (14:40)
距離:9.9km 行動時間:5時間30分 高低差:850m

今日はこの記録から  になります