蒲原山(2016.2.27)


雪の少ないシーズンであったが、昨日までの小寒波でパウダーが期待できるだろうと外すことの少ない山へ出かけた。9名という大所帯なので自動車は迷惑にならないところから取りつく。トレースはないため、ラッセルを交代しながら詰めていく。2時間半ほどかけて第2ドロップ地点付近の尾根に入るが、取りつき地点が悪く急な斜面に入ってしまった。稜線付近は痩せ尾根になっているため尾根通しを歩かずに、雪庇の下から回り込む。雪庇を抜くまでの雪は南の日に照らされて重くなっていた。稜線に出て斜度がなだらかになる頃には高度も高いせいかパウダースノーになっていた。本日は大所帯なのでピークを踏まずにドロップ地点に入る。やはり大斜面は期待通りのパウダーで、それぞれが自在にシュプールをつけられる。沢筋は高度を落とすに従い雪が重くなってきた。スキーが走らないので、少し早目にシールを装着して登り返す。第2ドロップ地点は広葉樹林帯で少し重いがパウダーが保存されていた。高度も500m位になると雪も腐ってくるがこれも仕方がない。おそらく今シーズン最後であろうパウダーを満喫できた。

入山口(8:00) = 1040mクロスポイント(10:40) = 1254m(11:30) = ドロップポイント (12:50) = シール装着登り返し (13:30)
 = 第2ドロップポイント (14:20) = 下山 (15:10)
距離:9.4km 行動時間:7時間 高低差:1050m

今日はこの記録から  になります