親沢から若栗へ(2016.2.21)

先週に続き、昨日の土曜日も雨が降った。今シーズンは暖冬の影響が顕著である。明け方にかけて冬型が強まり日曜の昼からは天気が良くなるとのことで、今回も標高がある程度高い白馬乗鞍方面を目指すことにした。親沢から若栗へのコースを行こう決め、1台を白馬乗鞍の駐車場にデポする。ところが、EVEは中間駅までしか動いていない。仕方がないのでリフトを乗り継いでゲレンデトップに立つことにする。さすがにリフトは寒くてゴンドラの有難さを痛感する。シールを貼ってガスと薄雪の中を歩き始める。途中でツアーガイドらしい集団をパスして1957m峰を目指す。新雪は足首よりちょっと上くらいだろうか。固いスラブの上に雪が乗っている。風が強そうなので1980m位から滑降に入る。パウダーとはいかないものの意外と柔らかい雪で滑りやすい。その後は、所どころ穴の開いた親沢沿いをこなして、若栗への道を目指す。若栗への道は先行者のトレースを追わずに、沢を詰めてみる。非常に歩きやすくて正解であった。若栗の頭は、雪が氷化していてモナカ気味である。雪質の良い部分を求めて高度を下げていく。100mほど標高を下げると雪も緩んで滑りやすくなった。適度な斜面で柔らかい雪を拾いながら無事に裏コルから合流する堰堤に到着した。ところが、この堰堤が核心であった。雪がまっすぐつながっておらず、斜めに入っているので滑りにくい。板を外して歩けば済むものをそのまま突っ込み、尻餅をついた。川に落ちそうになり冷や汗をかいた。

ゴンドラトップ(8:45) = 1980m(11:30-12:00) = 1460m(12:45) = 若栗の頭(14:00) = 白馬乗鞍ゲレンデ(15:00 )

今日はこの記録から  になります