追悼登山(2016.2.11)

昨年と一昨年、続けてこの時期に遭難したメンバーの追悼登山に参加した。事故地点はそれぞれ違う山域であるため、追悼場所は故人がともに親しんだ山で行うこととなる。
追悼登山はシーハイルのメンバー11名が参加。人数が多いので、いつもの駐車スペースではなく除雪ステーションに駐車して出発する。雪は膝下でそれほど深くない。快晴の中、昼前にはピークを踏むことができた。ひとしきり休憩したのち黙とうをする。追悼を終え、滑降に入ろうとしたところでメンバーのブーツが故障していることが判明する。ワイヤーで応急措置を施すことで事なきを得たが、次回はもう少し太いワイヤーを持参することにしたほうが安心である。
滑降に入る前にコンプレッションテストを実施。20センチメートルほどのところに弱層があるものの雪の結合は悪くない。安心してパウダーを滑ることができた。

入山口 (7:45) = 900m(9:20) = 1120m(11:10) = PEAK(11:50-12:50) = シール歩行(13:40-14:15) = 下山(15:10)
距離11.4km 時間7時間30分 高低差1275m

今日はこの記録から  になります