鍋倉山(2016.2.7)

朝9時に温井集落に到着。想像以上に入山者は少なく駐車している車は7~8台である。準備に手間取っていたため出発は9時20分になってしまった。山麓も雪が少なく周辺の田もうねりが見えている。田茂木池付近はさらに雪の少なさがわかる。見えている先行者は3人パーティーと、ガイドツアーと思われる7~8人のパーティーである。ガイドツアーと同じコースは歩きたくないので取りついてほどなく道を分ける。取りついた尾根は雪も良い状態なのでうれしくなる。快調に登り、標高1,100m付近でトップに立つ。雪はサラサラと降り続いているが意外と視界は良い。2時間5分でピークに立つ。ここからは協議するまでもなく黒倉山のコルから入っている斜面へ向かって真北に滑降を開始する。素晴らしいパウダーで昨今の鬱憤を晴らした感じである。1100mまで滑降を楽しんだ後は、登ってきた尾根にトラバース気味に1200m位まで登りかえして尾根に乗る。東尾根は南の日が当たるので先ほどの北面とは違うが少々藪の出た尾根を楽しく滑ることができた。

温井(9:20) = 鍋倉山(11:25) = 北面滑降1110m(11:30) = 1200m (12:30) = ツアー終了(13:40) 距離8.49km 高低差745m

今日はこの記録から  になります