黒姫山(2016.2.6)

黒姫山へ向かう上信越自動車道は雪が降ったりやんだりを繰り返しているが積雪量はかなり少ない。黒姫高原スノーパークには少し早く着きすぎてしまった。楽をするためにリフトを使うのであるが、回数券3枚で1,800円が必要になる。さすがにゲレンデを歩くわけにはいかないだろうが、標高差340メートル距離1.8キロメートルではコストパフォーマンスが悪くて仕方がない。ゲレンデトップに着いたのは9時過ぎである。先行者が準備をしていたが、我々3名がトップになり取りつく。昨日のトレースに薄い雪が乗っている。深い雪ではないので適当にジグをきりながら薄雪の舞う中を登っていく。後続は7~8人いたが追いついてこない。閉鎖されている旧ゲレンデの藪も埋まりきっておらず雪の少なさを露呈している。11時30分にはピーク付近のドロップポイントに立つが、見る景色も例年と違って藪が多い。南西に向けてスタートを切りたかったのだが、見えている穴や藪に阻まれて、パウダーを拾いながら東北東へ滑り降りていく。高度にして1660メートル地点で藪に阻まれる。これ以上降りてもさらに厳しくなるだろうとの判断のもと、閉鎖されている旧ゲレンデへ戻ろうとトラバースする。久々の藪漕ぎトラバースであるがこれもご愛嬌である。最後は藪っぽい旧ゲレンデを滑降して一日が終了した。

ゲレンデトップ(9:05) = 1559m(10:10) = 黒姫山1985m(11:30) = 1660m断念してトラバース(12:50) = ツアー終了(13:05

今日はこの記録から  になります