親沢~若栗(2016.1.31)
またしても南岸低気圧なので北部は雪の上積みは期待できない。昨日小谷方面へ出かけた仲間の話では標高1500mから上でないと雪の状態が良くないとのことなので、乗鞍高原か栂池方面の2択となった。なんとなく白馬乗鞍にしたのだが、乗鞍方面は稲核ダムの上が倒木で通行止めであったようだ。成城大学小屋から1957mを経て2043mまで登り親沢へ向けてのドロップ。昨日からの入山者と本日の先行者が多いため雪面はギタギタのゲレンデ状態である。それでも少しでも食われていない場所を探しながら高度を下げる。親沢からもトレースの無い沢から順調に高度を落としていく。クリーミーなパウダーで気持ち良いが、沢底は割れているので気が抜けない。若栗へ向けての登りはすでに数本のトレースが入っていたが、最短距離のトレースを追いかけてみた。最後は北東面を選んだが、良さそうなラインはスノーボードに食われていた。来週こそは雪が増えてほしいものだ。

ゲレンデトップ(9:20) = 成城大学小屋(10:15) = 2043m(11:15) = 1458mシール装着(9:20) = 1598m(13:20) = 白馬乗鞍ゲレンデ(14:00)

今日はこの記録から  になります