白馬乗鞍岳(2016.1.27)
ゲレンデトップに立ったのは9時。先行者は見えず単独で登りだす。林道にあがるとオーストラリアの10人パーティーが準備をしていた。林道歩きはパワフルであっさりと置いて行かれてしまった。しかしシール歩行は苦手なようで成城小屋から先は足が止まっている。ここで先頭に立ち天狗原の大地に立つ。風が強く白馬乗鞍はガスの中なのでピークハントをあきらめて1本目の滑降に入る。少し重めだがパウダーというには十分だ。200m足らずの高度差だがノートラックのバーンは気持ちよい。シールを再び装着して外国人パーティーを追いかける。再び天狗原に立つと風は強いものの白馬乗鞍が見えているのでピークを目指すことにする。ピーク付近からきれいなシュプールをつけて先行者が降りてきた。山頂直下が強風なので風をよけられるところでシールを剥がすのが良いとのアドバイスをいただく。確かに上は風にたたかれておりハイマツが見えて氷化していた。ピークから50m下の東面から滑降に入る。上部は少しアイス気味だが途中からウインドパックされた雪面に変わる。そのまま気持ちよく天狗原下の1935mまで滑り降りる。もう下山しても良かったが折角天気も良くなったので、もうひと登りしてからシュート状の地形を滑降する。南面なので雪が腐りかけて重くなっていた。最後は埋まりきっておらず、ところどころ穴の開いた沢沿いを下り本日のスキーは終了した。

ゴンドラ(8:45) = ゲレンデトップ1580m(9:10) ↑ 天狗原2125m(10:50) ↓ 滑降後1950m(11:10) ↑ 12:30白馬乗鞍2400m地点(12:30) ↓ 滑降後1935m(12:50) ↑ 天狗原2090m(13:30)  ↓ 成城小屋1603m(13:50)  ↓ 滑降後845m(14:15)

登高高度1,150m 滑降高度1,885m

今日はこの記録から  になります 
  12:40