小日向山(2016.1.23-24)
今シーズンは、北小谷方面は本当に雪が少ない。18日の月曜日は松本平でカミ雪になり30センチメートル以上の積雪を記録したが、昨日あたりまでの小谷もせいぜい30センチメートル程度の上乗せでしか無いようだ。それでも上部のパウダーを期待して小日向山に出かけた。比較的ハズレの少ないこの山も、昨年は雪の圧着の悪さによる雪崩を恐れて敗退しているし、一昨年も時間切れによりピークを踏んでいないので久しぶりである。
猿倉林道は雪が少ないが、膝下くらいのパウダーは残っている。先行者のトレースは途中から消えた。我々3名は勝手知った場所からの取りつきとする。少し藪っぽい側壁を尾根に向かって詰めると先行者のトレースがある。別パーティーで来たシーハイルのメンバーのトレースと見当をつけたので心苦しさを感じずにトレースをいただく。雪はチラチラと舞っているが状態は良いので3時間30分程度でピーク直下に到着する。例年尾根はオープンバーンであるが藪が埋まっていない。自在に滑降するというわけにはいかないが、滑るには問題が無い。雪は少なめで圧着も良いのでシュート状の地形で交互にパウダーを楽しむ。楽しい時間はあっという間に終わり沢が割れてくる。藪を交わしながら尾根に乗り、最後は杉の樹林帯を縫って林道に合流する。林道ではスノーバイクが轟音をあげていた。

今日はこの記録から  になります