白馬乗鞍二日間(2015.12.29-30)

12/29
栂池の第2駐車場に運良く駐車できたが、チケット売り場の行列はさすがの年末である。ゲレンデトップに立ったのは9時を回った頃である。昨日までの小寒波でゲレンデは下まで無事につながった。先行者も多くトレースが固いほどである。天狗原への登りは見事な雪化粧である。パウダー早食い競争に勝ちたいので気が焦る。天狗原直前まででかなりの人数をパス。あと一登りの場所で3人が滑って行く。トレースはここで途絶えたのでついに先頭に立つ。白馬乗鞍の山頂は雲の中で天狗原も強風なので、ピークハントはせずにオープンバーンの中央を目指す。誰も滑っていない斜面を歓喜の雄叫びをあげて滑降。再び同じトレースを使って登り返す。登り返すこと3回、都合4回のオープンバーン滑降で広い雪面もとうとうギタギタになった。

12/30
二日目、チケット売り場の行列はさらにすごいことになった。ゲレンデトップに立ったのは、チケットの行列に並んでから2時間後である。昨晩は降雪が無かったためパウダーを求めて人の入りが少ない鵯峰に登る。しかしながら薮が埋まりきっていない上に昨日ついたと思われるシュプールでイマイチ。一本目は明らかに失敗であった。次の登り返しは成城大学小屋付近から1957mに立つ。裏側にも人が入っており大賑わいだ。2回目はハズレくじを引かないようにパウダーは保存されている場所を狙う。雪が少ないため薮が埋まりきっていなかったが良い年末となった。

あの登山から 今日で になりました