蓼科山(2015.11.29)

蓼科山に登ることになった。本来なら蝶ヶ岳に登る予定であったのだが、昨日美ヶ原から見た北アルプスは状況が厳しそうだったため、山容が美しかった蓼科山に変更したのである。コースは女神の茶屋登山口から入山して、山頂経由で将軍平から天祥寺原、竜源橋に降りてくる周遊コースとした。
登山口を出発したのは8時25分。落葉松が落ちて明るくなった気持ちの良いクマザサの中を歩く静かなスタートである。山容のとおり登山口から尾根にかけてはなだらかな道である。尾根の斜度が少し増す1950m付近からは雪が出てくる。この付近の雪は多くないが、降った雪が解けて再氷結しているので感じが悪い。上は大丈夫だろうかと思いながら歩みを進める。昨日美ヶ原から眺めていたのであるが、ピッケルとアイゼンどころか、ストックすら持参していない状況である。2156mの頭を過ぎると雪が多くなるが、トレースのあるパウダースノーなので思ったよりも歩きやすい。しかし滑らないように、立ち込んでいかなければならないので足に負担がかかる。2300m付近で先行する若者5名のパーティーに追いついたが、ピッケルとアイゼン装備の若者を追い抜いても、煽られるのが嫌なので後ろを付いていく。ピークを踏んだのは11時、風も穏やかで360度の景色を堪能することができる。しばし景色を楽しんだが、昼食をとるには少し寒いので蓼科山荘まで降りることにした。登ってきた南西斜面は温かくて雪が腐りかけていたが、北東面の雪は素晴らしいパウダーである。藪が埋まるようなことがあるなら素晴らしい滑降が楽しめそうである。こんな雪なら歩いても怖くないので安心して蓼科山荘まで降りてくる。昼食をとった後は、天祥寺原へ向かっての下山である。ここも雪は柔らかくて歩きやすい。滝ノ湯川出会まで降りてきて一息つく。やはり雪山なのだから装備はしっかりとしていなければならないと反省する。最後は滝ノ湯川沿いに竜源橋までの歩きだが意外と長くて嫌になる。景色が美しいのは大きな救いである。登山道は氷化していて歩きにくいので、雪の被ったクマザサの上をワシワシと歩いた後は、落葉松の落ち葉を踏みしめて竜源橋に到着。最後はビーナスラインをトボトボとあるいて女神の茶屋へ到着した。

女神の茶屋(8:25)=蓼科山山頂(11:00-11:30)=蓼科山荘(11:55-12:30)=天祥寺原(13:15)=竜源橋(14:20)=女神の茶屋(14:45)

     
  蓼科山山頂  
  白樺湖  
  将軍平と浅間山