美ヶ原(2015.11.28)

朝起きると天気が良いので美ヶ原に登ることにした。昨日の松本平は雨だが、北部は比較的多くの雪が降ったみたいである。家から見る美ヶ原の上部には薄い雪がついている。王ヶ頭に直接登るダテ河原コースからの入山である。静かな一人旅であるが、歩き出してしばらくすると薄い雪が出てきた。足跡が一つあるので先行者がいるようである。たいした量ではないのだが、今日の靴は夏用のトレッキングシューズ、おまけに両足ともに破れて穴が開いているのである。濡れるのは嫌なので緑色の養生テープを張り付けての登りとなる。今は廃屋となっている感じの美岳荘を過ぎるころに下山してくる人とすれ違う。どうやら先行者だったようで、上部の深いところは20cm位の雪があるとのアドバイスをいただく。さすがに王ヶ頭には誰もいない。ホテルのテラスで軽い食事をとり、塩クレ場へ向かう。雪が飛ばされて氷になっているので歩きにくい。北アルプスは雲に隠れているが、八ヶ岳や富士山はきれいに見えている。明日は蝶ヶ岳に登るつもりだったが安全の為、北八ヶ岳の蓼科山へ変更することにして百曲り経由で早々に下山した。

登山口(10:40)=美岳荘(11:30)=王ヶ頭ホテル(12:15-12:25)=塩クレ場(12:50)=広小場(13:35)登山口(14:05)

10:28 10:33 11:03
11:04 11:07 11:19
     
11:20 11:49 11:52
11:54 12:01 12:04
12:08 12:09 12:10
12:15 12:22 12:24
12:29 12:43 12:46
  12:46 12:50
12:51 13:36 13:57