美ヶ原石切場コース(2015.11.7)

天気が良ければ蝶ヶ岳へ登ろうと、朝5時に目覚まし時計をセットした。時刻どおりに起床して外に出ると、暗いながらも西の空は濃い雲に覆われている。これでは楽しめないと思い再び布団に潜る。再び目を覚ましたのは9時を回っている。外を見ると東の空が少し明るいので美ヶ原へ出かけることにした。最近美ヶ原が続いているので、未だ歩いたことのないコースを行ってみようと思い「桜清水コテージ」から登る石切場からとした。桜清水からはコートキャンプ場を経てなだらかな沢沿いに取りつくが、ほどなく手入れの行き届いたカラマツ林の尾根に乗る。足の疲れが残っているせいかもしれないが、この尾根は一定の斜度で淡々と登っていくので意外と足にこたえてくる。それでも1時間10分で標高差630mを稼いで王ヶ鼻に到着する。誰にも会うことは無かったが整備された登山道は、ほかのコースより歩きやすいのかもしれない。王ヶ鼻まで登ると一気に視界は開けてくる。残念ながら北アルプスは雲に隠れて展望は望めないが里山の秋は感じることができた。今回はお弁当を持ってこなかったので、王ヶ頭ホテルで昼食をとる。さすがにシーズンオフも近いと見えて貸切であった。その後はうつくしの塔まで散策してから、北アルプス展望コースを経由しての下山となる。初めてのコースは楽しいものだ。

石切場(10:30)=王ヶ鼻(11:45-11:55)=王ヶ頭(12:10-12:35)=美しの塔(13:00)=アルプス展望コース=石切場(14:50)

10:10 立岩 10:10 10:32 桜清水
10:32 桜清水 10:32 桜清水 10:40
10:47 10:52 11:05
11:10 11:18 11:25
11:25 11:30 11:35
11:47 11:47 11:47
11:48 11:50 11:53
12:11 12:23 12:33
  12:37 12:50
13:03 13:12 13:27
13:31 13:46 13:48
 
13:55 14:10 14:50 石切場