編笠山と権現岳(2015.11.1)

観音平から編笠山を経由して権現岳に登るという企画に乗った。朝5時には自宅を出発して中央自動車道を走る。小淵沢に近づくころには車窓に富士山が見えてきた。八ヶ岳アウトレットリゾートを過ぎるあたりの紅葉はとても綺麗だ。仲間との待ち合わせより早めに駐車場に到着したので観音平周辺を散策する。景色も良いので、いつかのんびりとしたい場所である。編笠山は見える通りの緩やかな尾根で登りやすいが、落葉松の樹林帯で景色はあまり良くないが登りやすいことは確かである。歩くこと2時間10分で山頂に到着する。正面の赤岳をはじめ、後ろに見える南アルプス連峰など絶景である。風が強いのでしばしの休憩後、青年小屋まで下ると温かい。青年小屋から権現岳までは1時間30分と道標にはあるが1時間程度であろうと踏んで出発する。登山道はきれいに整備されており登りやすい。権現小屋の手前にあるピークを踏んでおこうと少し寄り道すると、ここが絶景である。ピークまで登ってしまうと山陰で見えなくなってしまう諏訪湖や後立山がきれいに見えている。やはり正解であった。権現岳手前の権現小屋は、昨晩で最後の宿泊であったということで小屋じまいの準備に追われていた。権現岳ピークは風が強くて寛げそうにないので、三ッ頭とのコル手前で食事とする。温かい場所ではあるが絶景からは遠ざかってしまった。三ッ頭の分岐からは天女山へ続くなだらかな尾根と分かつが、こちらも同じく歩きやすい尾根である。広葉樹や落葉松の落ち葉を踏みしめ、最後の秋山登山となった。

観音平(6:40)=編笠山(9:10-9:25)=青年小屋(9:40-10:50)=小ピーク(10:45)=権現小屋(11:00)=権現岳(11:05)=2550m食事(11:30-12:00)=三ッ頭(12:15)=ヘリポート跡地(13:00-13:15)=トラバース分岐(14:05)=観音平(14:30)

 

早朝中央道を小淵沢へ向かう 観音平 展望台を散策
6:50 出発 登山道はなだらか 富士山がよく見える
  南アルプス  
  9:10 編笠山  
  青年小屋を偵察  
  10:45 権現岳と富士山  
  10:55権現小屋は昨日で営業終了  
  風が強いのでコルまで降りて昼食