北穂高岳(2015.8.1-2)

8月の太平洋高気圧に覆われた今日は涸沢キャンプである。朝4時30分には沢渡に入り、タクシーで上高地へ向かう。釜トンネルは定刻より5分ほど早い4時55分に通してくれた。上高地を出発したのは5時15分。横尾までの長い道のりが苦痛なので、今回はクロックスもどきのサンダルで歩く。2時間45分かかって横尾に到着。ここで一つハプニングがおきる。同行メンバーのアイフォンが横尾のトイレで消えたのである。カメラ兼GPSとして使っていたのだが汚物にまみれてその生涯を終えたとのこと。意気消沈した姿を見るのは気の毒だが、ここから涸沢へ向かって歩みを進める。自分は荷が軽いので本谷橋から涸沢まで快調に歩いて11時前には涸沢に到着する。昼に北穂へ向かえば十分に往復できるのでテントを設営してから涸沢ヒュッテで食事を兼ねてビールで乾杯する。1時間ほど寛いだ後は、軽装で北穂高岳へ向かうことになる。少し残っていたアルコールもほどなく抜け快調に登ることができる。残念ながらアイフォンを失ったメンバーは心が折れたのか、ピークを踏むことなく涸沢での宴会となった。北穂のピークを踏むのは6年ぶり、前回あえぎながら登ったコースも今回は気持ちよく登ることができた。涸沢へ戻ってからは定番の宴会。国際宇宙ステーションが通過する星空を楽しみながら夜は更けた。

明けて2日目、今回は4名の仲間で来たのであるが、当初予定の奥穂高岳から前穂高岳縦走という計画は誰の頭にも無いようだ。みんなの希望を尊重して、無理することもあるまいと下山を開始する。上高地はあまりにも暑いので一ノ瀬牧場まで上がって昼食をとり、白濁した温泉に浸って灼熱の自宅へ帰宅した。

上高地(5:15)-横尾(8:00-15) -本谷橋(9:15-25) -涸沢(10:50-11:45) -北穂高岳(13:50-14:45) -涸沢(16:25)