鹿島槍ヶ岳(2015.7.25)
先週の日曜日、3連休の中日で天気予報もまずまずだったので、赤岩尾根経由で鹿島槍を目指しました。しかし当てが外れてしまい雨になり、それでも雨を押して出発し1800m付近で敗退という結果になりました。そして高気圧が張り出した今週再びトライします。
急斜面による人気の少ないコースのためか駐車スペースには余裕があります。大谷原から北股本谷出会いに向けての林道は長いのですが、若干の斜度があるためウォーミングアップには最適です。北股本谷出会いの堰堤から、冷乗越までは沿面距離にして約3kmですが1100m近く高度を上げるので斜度は平均30度以上になります。ここを2時間少々で歩くということは、1時間当たり500mくらい高度を上げるのだから厳しいはずです。高千穂平までは樹林帯をひたすら高度を稼ぐだけなので気分的にはきついですが、高千穂平を過ぎると鹿島槍を眺めながらの楽しい登りになります。名前通りの赤岩尾根は、赤茶けた岩が崩壊して茶色くなっています。冷乗越付近は崩落もあり残雪期には厳しさが予想されます。冷乗越まで上がるともうここからは快適な稜線歩きで、登山者も格段に増えました。お花畑も見事です。知っているだけでも、ニッコウキスゲ、ゴゼンタチバナ、ミヤマキンポウゲ、シナノキンバイ、イワイワカガミ、ハクサンイチゲ、イワツメクサ、コバイケイソウ、トウヤクリンドウなど見とれてしまいます。今回初めて教えてもらった花は「チシマギキョウ」青紫の花の内側が白い綿毛状になっているのが特徴だそうです。稜線から左を見ると剱岳や立山が大きくて見事です。右手を少し振り返ると南アルプスや八ヶ岳連峰の奥に富士山が見えています。松本平まで見渡せたので夏の割には空気が澄んでいたようです。布引山付近からは風が強まり寒くなってきたのでダウンを羽織っての登りです。下界の暑さから比べると夢のような世界ですね。山頂でのビールは格別、ひとしきり寛いで午後の3時には灼熱の大谷原まで戻りました。

(行程)
大谷原(5:20) - 北股本谷砂防堰堤(6:10) - 高千穂平(7:30) - 冷乗越(8:25) - 冷池山荘(8:45) - 布引山(9:30) - 鹿島槍南峰(10:05-10:40) - 冷池山荘(11:55-12:10) - 冷乗越(12:30) - 高千穂平(13:15-13:25) - 北股本谷砂防堰堤(14:25) - 大谷原(15:00)

(鹿島槍弾丸登山の比較)
5年前の2010年に扇沢柏原新道から、鹿島槍日帰り登山を実施しました。そして今回は大谷原赤岩尾根から鹿島槍日帰り登山を実施しました。さて、どちらが楽に歩けるかの検討です。入山口については扇沢のほうは300mほど標高が高く、斜度が緩いのですがあるく爺ヶ岳に一度登ってから稜線を歩くので距離が長くなります。一方赤岩尾根は北股本谷の砂防堰堤から冷乗越まで1000m以上の急坂が続きます。1時間で500mの高度が稼げる力があれば赤岩尾根のほうが格段に早く鹿島槍に到着します。しかしこれは鹿島槍のピークを踏むためだけの比較なので、爺ヶ岳のピークを踏んで稜線を歩くコースのほうが個人的には魅力を感じます。

柏原新道 扇 沢 - 冷池山荘(4時間25分 休憩15分) - 鹿島槍(1時間20分) - 大谷原(4時間45分) 【行動時間:10時間30分】

赤岩尾根 大谷原 - 冷池山荘(3時間25分 休憩15分) - 鹿島槍(1時間20分) -大谷原(3時間55分) 【行動時間:8時間40分】

布引尾根と剱岳
左手前が爺ヶ岳 蓮華岳の奥に槍ヶ岳
松本平の遥か奥に富士山